咬合高径の変化がパラトグラムと発音明瞭度に及ぼす影響 Effect of the change in occlusal vertical dimension on palatogram and speech articulation

この論文をさがす

著者

    • 積田, 正和 ツミタ, マサカズ

書誌事項

タイトル

咬合高径の変化がパラトグラムと発音明瞭度に及ぼす影響

タイトル別名

Effect of the change in occlusal vertical dimension on palatogram and speech articulation

著者名

積田, 正和

著者別名

ツミタ, マサカズ

学位授与大学

東京医科歯科大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

乙第1025号

学位授与年月日

1983-06-15

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000046175
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000046259
  • NDL書誌ID
    • 000000210489
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ