Production of an eosinophil chemotactic lymphokine by a monocyte-derived factor from patients with hypereosinophilia 好酸球増多症患者における単球由来の因子による好酸球遊走因子産生の誘導について

この論文をさがす

著者

    • 村本, 一浩 ムラモト, カズヒロ

書誌事項

タイトル

Production of an eosinophil chemotactic lymphokine by a monocyte-derived factor from patients with hypereosinophilia

タイトル別名

好酸球増多症患者における単球由来の因子による好酸球遊走因子産生の誘導について

著者名

村本, 一浩

著者別名

ムラモト, カズヒロ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第723号

学位授与年月日

1988-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000054253
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000054375
  • NDL書誌ID
    • 000000218567
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ