Clinical significance of IgM anti-HBc assay in patients with chronic type B hepatitis and in their interferon therapy 慢性B型肝炎におけるIgM型HBc抗体測定の臨床的またインタフェロン療法における意義

この論文をさがす

著者

    • 飯田, 三郎 イイダ, サブロウ

書誌事項

タイトル

Clinical significance of IgM anti-HBc assay in patients with chronic type B hepatitis and in their interferon therapy

タイトル別名

慢性B型肝炎におけるIgM型HBc抗体測定の臨床的またインタフェロン療法における意義

著者名

飯田, 三郎

著者別名

イイダ, サブロウ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第732号

学位授与年月日

1989-03-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000054262
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000054384
  • NDL書誌ID
    • 000000218576
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ