Ligand-dependent selection of the receptor gene : segregation of IL-2 binding activity and anti-Tac reactivity by a single amino acid alteration in the Tac antigen (p55) 受容体遺伝子のリガンドを用いたクローニング : Tac抗原(p55)内の単一のアミノ酸変異によるIL-2の結合能と抗Tac抗体反応性の解離

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 源, 誠二郎 ミナモト, セイジロウ

書誌事項

タイトル

Ligand-dependent selection of the receptor gene : segregation of IL-2 binding activity and anti-Tac reactivity by a single amino acid alteration in the Tac antigen (p55)

タイトル別名

受容体遺伝子のリガンドを用いたクローニング : Tac抗原(p55)内の単一のアミノ酸変異によるIL-2の結合能と抗Tac抗体反応性の解離

著者名

源, 誠二郎

著者別名

ミナモト, セイジロウ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第3864号

学位授与年月日

1989-03-24

注記・抄録

博士論文

08587

博士(医学)

1989-03-24

大阪大学

14401第12345号

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000054359
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000054481
  • NDL書誌ID
    • 000000218673
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ