神経の興奮は其の強度の大小に関せず麻酔部位に於て同時に消失す 神経の興奮伝導に関するエードリアン氏実験批判 神経麻酔部位の長さと筋攣縮高の変化との関係に就て

この論文をさがす

著者

    • 皆見, 規夫 ミナミ, ノリオ

書誌事項

タイトル

神経の興奮は其の強度の大小に関せず麻酔部位に於て同時に消失す

タイトル

神経の興奮伝導に関するエードリアン氏実験批判

タイトル

神経麻酔部位の長さと筋攣縮高の変化との関係に就て

著者名

皆見, 規夫

著者別名

ミナミ, ノリオ

学位授与大学

慶応義塾大学

取得学位

医学博士

学位授与年月日

1926-03-26

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000055286
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000055416
  • NDL書誌ID
    • 000000219600
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ