Pathogenesis of persistent truncus arteriosus and dextroposed aorta in the chick embryo after neural crest ablation 神経堤細胞除去後の鶏胚に於ける総動脈幹残遺及び大動脈右方転位の発生機序

この論文をさがす

著者

    • 西畠, 信 ニシバタケ, マコト

書誌事項

タイトル

Pathogenesis of persistent truncus arteriosus and dextroposed aorta in the chick embryo after neural crest ablation

タイトル別名

神経堤細胞除去後の鶏胚に於ける総動脈幹残遺及び大動脈右方転位の発生機序

著者名

西畠, 信

著者別名

ニシバタケ, マコト

学位授与大学

東京女子医科大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1005号

学位授与年月日

1989-03-17

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000057194
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000057347
  • NDL書誌ID
    • 000000221508
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ