ハマキコウラコマユバチの寄生発見行動および産卵行動における化学的刺激の役割 ハマキコウラコマユバチ ノ キセイ ハツケン コウドウ オヨビ サンラン コウドウ ニ オケル カガクテキ シゲキ ノ ヤクワリ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 戒能, 洋一 カイノウ, ヨウイチ

書誌事項

タイトル

ハマキコウラコマユバチの寄生発見行動および産卵行動における化学的刺激の役割

タイトル別名

ハマキコウラコマユバチ ノ キセイ ハツケン コウドウ オヨビ サンラン コウドウ ニ オケル カガクテキ シゲキ ノ ヤクワリ

著者名

戒能, 洋一

著者別名

カイノウ, ヨウイチ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

博甲第355号

学位授与年月日

1986-03-25

注記・抄録

博士論文

生物が生産し、同種、異種をとわず他の固体に一定の生理作用をおよぼす化学物質は、信号化学物質(semiochemicals, Table 1参照)と総称され(Law and Regnier, 1971)、近年目覚しい発展をとげつつある化学生態学(chemical ecology)の分野での主要な研究テーマである ...

筑波大学農学博士学位論文・昭和61年3月25日授与 (甲第355号)

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000058869
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000059023
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000223183
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ