マウスのオープンフィールド行動に関する行動遺伝学的研究 マウス ノ オープン フイールド コウドウ ニ カンスル コウドウ イデンガクテキ ケンキユウ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 牧野, 順四郎 マキノ, ジュンシロウ

書誌事項

タイトル

マウスのオープンフィールド行動に関する行動遺伝学的研究

タイトル別名

マウス ノ オープン フイールド コウドウ ニ カンスル コウドウ イデンガクテキ ケンキユウ

著者名

牧野, 順四郎

著者別名

マキノ, ジュンシロウ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

博乙第165号

学位授与年月日

1983-11-30

注記・抄録

博士論文

1.本論文の構成 本論文は、2部、3章、13節、本文546頁、参考文献25頁より成っている。2.本研究の目的 行動が遺伝要因と環境要因の交互作用として発現することは、心理学では古くからいわれてきたことである。しかし、遺伝要因に関する実証的研究の数は決して多くはない。その理由は、心理学研究の主流が専ら環境要因の分析に向けられてきたこと、さらには、遺伝要因の影響を適切に分析する方法が確立されていなかったことによる。行動に及ぼす遺伝要因の影響を最も簡明に示し得る材料、すなわち近交系動物が心理学においても用いられるようになり、かつ、計量遺伝学の手法や選択交配法が導入されるようになったのは、ごく近年のことである。 ...

筑波大学学術博士学位論文・昭和58年11月30日授与(乙第165号)

3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000059074
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000059228
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000223388
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ