マウス受身血清病腎炎における抗原の化学的修飾による陽性荷電化の影響について マウス ウケミ ケツセイビヨウ ジンエン ニ オケル コウゲン ノ カガクテキ シユウシヨク ニ ヨル ユウセイ カデンカ ノ エイキヨウ ニ ツイテ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中村, 日出子 ナカムラ, ヒデコ

書誌事項

タイトル

マウス受身血清病腎炎における抗原の化学的修飾による陽性荷電化の影響について

タイトル別名

マウス ウケミ ケツセイビヨウ ジンエン ニ オケル コウゲン ノ カガクテキ シユウシヨク ニ ヨル ユウセイ カデンカ ノ エイキヨウ ニ ツイテ

著者名

中村, 日出子

著者別名

ナカムラ, ヒデコ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

博乙第405号

学位授与年月日

1987-09-30

注記・抄録

博士論文

In order to investigate the effect of chemical cationization of antigen on the glomerular localization of immune complexes (IC), we studied the characteristics of IC composed of antigens with various degrees of pl and antibody raised ...

筑波大学医学博士学位論文・昭和62年9月30日授与 (乙第405号)

標題紙 -- マウス受身血清病腎炎における抗原の化学的修飾による陽性荷電化の影響について

1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000059258
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000059412
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000223572
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ