Value and limitations of Doppler echocardiography in the quantification of stenotic mitral valve area : comparison of the pressure half-time and the continuity equation methods 狭窄僧帽弁口面積算出における超音波ドプラ法の有用性と限界 : pressure half-time法と連続の式に基づいた方法との比較

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中谷, 敏 ナカタニ, サトシ

書誌事項

タイトル

Value and limitations of Doppler echocardiography in the quantification of stenotic mitral valve area : comparison of the pressure half-time and the continuity equation methods

タイトル別名

狭窄僧帽弁口面積算出における超音波ドプラ法の有用性と限界 : pressure half-time法と連続の式に基づいた方法との比較

著者名

中谷, 敏

著者別名

ナカタニ, サトシ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第4823号

学位授与年月日

1989-08-12

注記・抄録

博士論文

08823

博士(医学)

1989-08-12

大阪大学

14401第12345号

1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000060957
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000061118
  • NDL書誌ID
    • 000000225271
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ