歯齦被弁手術後の創傷治癒に関する実験病理組織学的研究 : 齦周ポケット内露出根面に対する処置が治癒過程に及ぼす影響について Histopathological study of healing following flap surgery in rats : effects of treatment for exposed root surface in periodontal pockets on the healing process

この論文をさがす

著者

    • 足立, 融 アダチ, アキラ

書誌事項

タイトル

歯齦被弁手術後の創傷治癒に関する実験病理組織学的研究 : 齦周ポケット内露出根面に対する処置が治癒過程に及ぼす影響について

タイトル別名

Histopathological study of healing following flap surgery in rats : effects of treatment for exposed root surface in periodontal pockets on the healing process

著者名

足立, 融

著者別名

アダチ, アキラ

学位授与大学

東京歯科大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

甲第491号

学位授与年月日

1988-10-17

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000062857
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000063025
  • NDL書誌ID
    • 000000227171
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ