コンポジットレジン修復におけるフッ素徐放性レジン応用の可能性について : 病理組織学的研究および象牙質窩壁接合性 An applicability of fluoride-releasing resin in composite resin restoration : pathological studies and adapation of the resin polymelized to dentin cavity walls

この論文をさがす

著者

    • 丸島, 徹 マルシマ, トオル

書誌事項

タイトル

コンポジットレジン修復におけるフッ素徐放性レジン応用の可能性について : 病理組織学的研究および象牙質窩壁接合性

タイトル別名

An applicability of fluoride-releasing resin in composite resin restoration : pathological studies and adapation of the resin polymelized to dentin cavity walls

著者名

丸島, 徹

著者別名

マルシマ, トオル

学位授与大学

東京歯科大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

甲第515号

学位授与年月日

1989-06-12

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000062881
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000063049
  • NDL書誌ID
    • 000000227195
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ