経皮経肝食道静脈瘤塞栓術と内視鏡的食道静脈瘤硬化療法の比較 : 術式,有効性,合併症,肝機能,血液・生化学検査値に与える影響について Comparison of technique, efficacy, complications, and the effect on liver function and the other laboratory data, between percutaneous transhepatic obliteration and endoscopic injection sclerotherapy

この論文をさがす

著者

    • 梶田, 和男 カジタ, カズオ

書誌事項

タイトル

経皮経肝食道静脈瘤塞栓術と内視鏡的食道静脈瘤硬化療法の比較 : 術式,有効性,合併症,肝機能,血液・生化学検査値に与える影響について

タイトル別名

Comparison of technique, efficacy, complications, and the effect on liver function and the other laboratory data, between percutaneous transhepatic obliteration and endoscopic injection sclerotherapy

著者名

梶田, 和男

著者別名

カジタ, カズオ

学位授与大学

岐阜大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第624号

学位授与年月日

1989-01-18

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000063098
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000063267
  • NDL書誌ID
    • 000000227412
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ