腎症候性出血熱(HFRS)病因ウイルス汚染ラット腫瘍(Malignant Fibrous Histiocytoma)よりのHFRSウイルスの消去 Spontaneous and experimental eradication of hemorrhagic fever with renal syndrome (HFRS) virus in rat tumor malignant fibrous histiocytoma contaminated with the virus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安田, 正秀 ヤスダ, マサヒデ

書誌事項

タイトル

腎症候性出血熱(HFRS)病因ウイルス汚染ラット腫瘍(Malignant Fibrous Histiocytoma)よりのHFRSウイルスの消去

タイトル別名

Spontaneous and experimental eradication of hemorrhagic fever with renal syndrome (HFRS) virus in rat tumor malignant fibrous histiocytoma contaminated with the virus

著者名

安田, 正秀

著者別名

ヤスダ, マサヒデ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第4898号

学位授与年月日

1989-12-13

注記・抄録

博士論文

08910

博士(医学)

1989-12-13

大阪大学

14401第12345号

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000063211
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000063380
  • NDL書誌ID
    • 000000227525
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ