大動脈内バルーンパンピング法(IABP)施行中のバルーン作動状態の解析とくに胸部電気的インピーダンスの有用性について Theoretical and experimental study of the balloon performance during IABP, with special reference to the usefulness of transthoracic electrical impedance

この論文をさがす

著者

    • 関, 章 セキ, アキラ

書誌事項

タイトル

大動脈内バルーンパンピング法(IABP)施行中のバルーン作動状態の解析とくに胸部電気的インピーダンスの有用性について

タイトル別名

Theoretical and experimental study of the balloon performance during IABP, with special reference to the usefulness of transthoracic electrical impedance

著者名

関, 章

著者別名

セキ, アキラ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第3657号

学位授与年月日

1989-10-24

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000063261
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000063430
  • NDL書誌ID
    • 000000227575
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ