牛の周産期における飼料給与,生理諸元,繁殖機能の相互関連 Feeding and management of cattle during the perinatal period and interrelation between physiological elements and reproductive function

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐々木, 武男 ササキ, タケオ

書誌事項

タイトル

牛の周産期における飼料給与,生理諸元,繁殖機能の相互関連

タイトル別名

Feeding and management of cattle during the perinatal period and interrelation between physiological elements and reproductive function

著者名

佐々木, 武男

著者別名

ササキ, タケオ

学位授与大学

麻布大学

取得学位

獣医学博士

学位授与番号

乙第280号

学位授与年月日

1989-10-09

注記・抄録

博士論文

畜産界においても生産効率を良くするために省力,多頭羽飼育方式がとられているのは当然のことである。すなわち,個体管理よりも集団を対象としての考え方が優先し,いわゆるおちこぼれ的なものは適切な形で処分されることが多くなってきた。 今回筆者が試験の対象としたのは乳牛であるが,牛乳生産を目的とする場合には分娩に伴う牛乳生産に期待する以外,現状では適切な方法は見当らない。このため,まず最優先して考えねばならないことは如何にして順調な分娩を繰り返えし行わせるかということである。 1960年前後に,農林省が中心となり全国的規模で乳牛の栄養障害調査が行われた。その結果,飼料給与と繁殖とは関係が深いことが強調され,その仲介をなしているのは牛体の栄養・生理的諸元であり,この3者は互に連動していることが示唆される成績が多く得られている。しかし,当時の乳牛1頭の牛乳生産量は年間4,000-5,000Kgが普通であり,現在の約2分の1であり状況はかなり変ってきた。さらに,省力,一律的な管理方式が採用されるようになった。もし飼料給与等に欠陥があり,栄養・生理的な面を通して繁殖機能に抑制的な影響を及ぼすような潜在的因子が存在したとすれば,表面に出ないだけに群全体にその影響が浸透し,生産性は次第に低下し,対策が遅れ被害も当然大きくなる。 筆者はこのような背景を踏まえ,現状を正確に把握する必要性を痛感した。 野外において,牛の繁殖面での管理上,最も重要な時期は周産期であることは異論のないところである。この時期の母牛を囲る飼料の給与面での管理,それに伴う生理諸元の動き,その後の繁殖機能は相互に連動する。そのため,牛群のその時点でのこれらの関連する諸所見を知ることにより,群のおかれている現状を知り,適切な対応を早や目に実施することができ,同時に飼料,生理諸元,繁殖面の相互の関連性について基礎的な研究にも貢献できるのではないかと考え,この試験を行った。 試験の規模: 筆者の担当地域の千葉県安房郡の酵農家6戸,比較のための長野県の1戸,岐阜県の1戸(繁殖和牛)を対象として外見的に正常に周産期を経過した母牛約100頭,他方,周産期に全身的な代謝性疾患あるいは消化器疾患,難産や流産等の産科的障害等が認められた安房郡内の10数戸の非正常牛24頭である。 試験の方法: 対象牛の分娩前2週間前後(第I次検査),分娩後7日(第II次検査),30日(第III次倹査),60日(第IV次検査)の計4回にわたり実施した(非正常牛の分娩前検査は不実施)。 調査測定項目はDCP,TDN,BUN,TP,グロス反応,A/G,好酸球率,尿pH,乳量,発情鑑定が主なものである。 なお,繁殖機能の判定は分娩後の発情回帰までの期間を目途とした。 結果: 飼料給与の実態; 分娩前ではNRC標準に比べ,DCPやゝ過給,TDNやゝ不足のわが国の一般的傾向がみられ,分娩後のII次検査時はDCP,TDNとも極めて充足率が低かった。また,各牛群(牛舎)間にも多少の違いがみられた。しかし,大部分は改善可能な範囲と思われる程度であった。 第II次検査時点での飼料の大量給与は余病を併発するという考え方が可なり浸透しており,牛によっては確かにそのような結果を招くものもあるため飼料の給与量を意識的に減らした感もあり,加うるにこの時期は乳量の急激な上昇による産乳飼料増給の遅れもその理由の一つと考えられた。 全般的にいってTDN不足は発情の回帰を遅延さす傾向があるように思われる成績が得られた。 栄養生理的諸元の経時的所見と発情回帰との関係; 第I, II, III, IV次各検査において,ほとんどの項目で有意変動が認められ,第I次の値にくらべ分娩後の値は大きく動き,分娩による生体機構の変動の激しいことが推察された。 なお,分娩前にDCP,TDNの給与量が適正なものは不足しているものに比べ,また,血中TPが正常値のものは高値のものに比べ発情回帰が早かった。 また,その後の生理的空胎期に高TP,グロス反応陽性,低A/Gのものは発情の回帰が有意に遅かった。 一方,各検査項目について経時的な全体の平均的な流れと逆パターンを示す個体もみられた。これら逆パターンを呈した個体と繁殖面との関連をみたが分娩後のTPの上昇がみられなかったもの(逆パターン群),及び好酸球率の低下がみられなかったもの(逆パターン群)は平均的な流れに沿って経過した個体より発情回帰までの期間が有意に短かかった(TP,55.16±19.96:43.17±16.98日P,<0.05,好酸球率,53.9±24.9:44.7±12.6日,P<0.05)。他の項目については特に差は認められなかった。 これらのことから分娩後のTP値及び好酸球率の検査は繁殖面を占うのに役立つものと思われる。 非正常牛についての所見; 周産期に非正常的な経過のみられたものは概して飼料の摂取量が不足しており,Ht低く,TP値も低すぎ,血糖値が有意に高く,尿pHの低値等がみられ発情回帰が有意に遅れた(52.4±22.6:75.4±24.9日,P<0.001)。すなわち,この時期の疾病の予防は繁殖面からみても極めて重要と考えられる。 なお,疾患ではないが,繁殖和牛は子牛に授乳中のものであり,哺乳刺激の影響を観察したがTDNの給与不足による相乗的な影響も重なり発情回帰は有意に遅延した(千葉牛群52.4±22.6 : 岐阜牛群71.5±32.1,P<0.05)。 以上,筆者の担当地域を中心として高能力乳牛の周産期における飼養管理,とくに飼料給与を主に調査したが,これらは牛の生理的な諸元に影響を及ぼし,その後の繁殖機能にも密接な関係のあることが実験の結果確認された。 一方,基本となるDCP,TDNの適正を期すための改善はそれほど困難な状況ではなく,今後の現場での指導指針も得ることができた。

The system of management in stockbreeding in Japan has recently shifted from individual management to collective management, because a more efficient reproductivity is achievable by the latter system. Collective management has been introduced in breeding of chickens and pigs since long ago. This has contributed to the improvement of environmental conditions, development of adaptable species, contrivance of management and collective prevention of epidemics. In breeding of cattle, the problem of nutritional abnormalities was spotlighted approximately 30 years ago on a nationwide scale. The concept of breeding of cattle as a collective mass was then formed. Since then, the ability and trait of cattle. have undergone remarkable changes. The necessity of carrying out investigations and experiments anew for the best-suited collective management is acutely felt. When adverse factors exist in latency, the effects of these factors may be immeasurable especially in case of collective breeding. Taking the above into consideration, the feeding, physiological elements, reproductive function and their interrelations especially in perinatal cows were examined in this study. Using 90 Holstein milking cows (from seven farms) and 14 Japanese black cattle (one farm) which normally passed the perinatal period (normal cattle group), the feeding condition at each farm was surveyed for approximately 70 days from before parturition until the physiologically nonpregnant condition. Blood and urine were collected regularly during this time to determine physiological elements and to investigate the relations between these elements and the feeding condition. Then, the interrelations between the feeding condition, physiological elements and postparturient reproductive function were studied. The reproductive function was assessed basically by the period required for estrus to return after parturition. Likewise examined were cattle which developed abnormalities including systemic diseases such as metabolic disturbance during the perionatal period and obstetrical disorders during parturition (abnormal cattle group). The following results were obtained.1. The feed was found to contain an excess amount of digestible crude protein (DCP) or was deficient of total digestible nutrients (TDN) in most of the cattle examined. The nutritional imbalance was, however, within an improvable limit except in some of these cattle. Shortage of TDN supply was commonly observed in the first week following parturition.2. Follow-up examination of the physiological elements revealed markedly significant variations with time in many of the elements. This seemed to suggest the occurrence of severe changes in biological mechanism due to parturition. However, some cattle failed to align themselves with such a general pattern of variation.3. On examining the relation between the postparturient return of estrus and the physiological elements, the estrus returned more quickly in cattle fed an appropriate amount of DCP and TDN before parturition than those fed an inadequate amount and in cattle with normal blood concentration of total protein (TP) than those with increased concentration. The return of estrus was significantly delayed in those having increased TP, enhanced Gros ' reaction and decreased A/G ratio during the period of subsequent physiologically nonpregnant condition.4. The periods required for the return of estrus after parturition were compared between the group which harmonized with the postparturient time variations of physiological elements and the group which failed to harmonize. Significant differences were demonstrated in TP and eosinophil ratio. The period required for the return of estrus was significantly shorter in those in which TP was not increased after parturition and those in which the eosinophil ratio was not decreased. Other physiological elements were not correlated to the period of estrus return.5. Generally, the return of estrus was significantly delayed in the group which manifested abnormal changes during the perinatal period. This group had an insufficient intake of feed, low hematocrit value, too low TP, significantly high blood glucose level and decreased urinary pH level. These results suggested that feeding and management of cattle during the perinatal period may exert a serious effect on the subsequent reproduction and confirmed that the reproductive function is affected by feeding and management during this period. The physiological conditions of cattle reared in this district could be assessed. A guide to future improvement of breeding conditions and management could be formulated.

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000063885
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000064055
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000228199
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ