Prostaglandin H[2] may be the endothelium-derived contracting factor released by acetylcholine in the aorta of the rat Prostaglandin H[2]がラットの大動脈でアセチルコリンにより遊離される内皮由来血管収縮因子である可能性

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 敏夫 カトウ, トシオ

書誌事項

タイトル

Prostaglandin H[2] may be the endothelium-derived contracting factor released by acetylcholine in the aorta of the rat

タイトル別名

Prostaglandin H[2]がラットの大動脈でアセチルコリンにより遊離される内皮由来血管収縮因子である可能性

著者名

加藤, 敏夫

著者別名

カトウ, トシオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第3747号

学位授与年月日

1990-02-26

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000065003
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000065175
  • NDL書誌ID
    • 000000229317
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ