Mode of antigen presentation required for triggering of T cell response : analysis by use of azobenzenearsonate-tyrosine derivatives as antigens and L cells transfected with I-A[k] genes as antigen presenting cells T細胞活性化のための抗原提示様式 : 抗原としてアゾベンゼンアルソネートタイロシン誘導体並びに抗原提示細胞としてI-A[k]遺伝子を導入したL細胞を用いての解析

この論文をさがす

著者

    • 齋藤, 三郎 サイトウ, サブロウ

書誌事項

タイトル

Mode of antigen presentation required for triggering of T cell response : analysis by use of azobenzenearsonate-tyrosine derivatives as antigens and L cells transfected with I-A[k] genes as antigen presenting cells

タイトル別名

T細胞活性化のための抗原提示様式 : 抗原としてアゾベンゼンアルソネートタイロシン誘導体並びに抗原提示細胞としてI-A[k]遺伝子を導入したL細胞を用いての解析

著者名

齋藤, 三郎

著者別名

サイトウ, サブロウ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第983号

学位授与年月日

1989-11-13

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000066080
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000066254
  • NDL書誌ID
    • 000000230394
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ