Clinical significance of symptomatic and silent myocardial ischemia during exercise test in patients with effort angina pectoris : investigation of hemodynamic responses during supine ergometer exercise test 労作性狭心症患者の運動負荷試験における有痛性及び無痛性心筋虚血の臨床的意義 : 臥位エルゴメータ運動負荷による血行動態反応の検討

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 和史 イトウ, カズシ

書誌事項

タイトル

Clinical significance of symptomatic and silent myocardial ischemia during exercise test in patients with effort angina pectoris : investigation of hemodynamic responses during supine ergometer exercise test

タイトル別名

労作性狭心症患者の運動負荷試験における有痛性及び無痛性心筋虚血の臨床的意義 : 臥位エルゴメータ運動負荷による血行動態反応の検討

著者名

伊藤, 和史

著者別名

イトウ, カズシ

学位授与大学

神戸大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1356号

学位授与年月日

1989-12-06

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000068708
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000068892
  • NDL書誌ID
    • 000000233022
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ