Direct evidence for granuloma-inducing activity of interleukin-1 : induction of experimental pulmonary granuloma formation in mice by interleukin-1-coupled beads インターロイキン1の肉芽腫形成能の証明 : マウスにおけるインターロイキン1による実験的肺肉芽腫形成

この論文をさがす

著者

    • 笠原, 慶太 カサハラ, ケイタ

書誌事項

タイトル

Direct evidence for granuloma-inducing activity of interleukin-1 : induction of experimental pulmonary granuloma formation in mice by interleukin-1-coupled beads

タイトル別名

インターロイキン1の肉芽腫形成能の証明 : マウスにおけるインターロイキン1による実験的肺肉芽腫形成

著者名

笠原, 慶太

著者別名

カサハラ, ケイタ

学位授与大学

昭和大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第911号

学位授与年月日

1988-09-08

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000069201
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000069386
  • NDL書誌ID
    • 000000233515
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ