フレキシブル加工セルの工程計画とスケジューリングに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大橋, 和正, 1951- オオハシ, カズマサ

書誌事項

タイトル

フレキシブル加工セルの工程計画とスケジューリングに関する研究

著者名

大橋, 和正, 1951-

著者別名

オオハシ, カズマサ

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第7350号

学位授与年月日

1990-11-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / -1- / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.1 多品目中少量生産のための自動加工機械 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.2 フレキシブル加エセルの定義 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.3 フレキシブル加エセルの運用上の問題点 / p5 (0008.jp2)
  7. 1.4 工程計画とスケジューリングに関する従来の研究 / p7 (0009.jp2)
  8. 1.5 研究の目的と本論文の概要 / p12 (0012.jp2)
  9. 第2章 フレキシブル加エセルのための工程計画法 / p15 (0013.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p15 (0013.jp2)
  11. 2.2 従来の工程計画法と本研究の問題設定 / p15 (0013.jp2)
  12. 2.3 基本モデル / p17 (0014.jp2)
  13. 2.4 数学モデルの解法 / p24 (0018.jp2)
  14. 2.5 最適化アルゴリズム / p30 (0021.jp2)
  15. 2.6 最適化アルゴリズムの適用例 / p33 (0022.jp2)
  16. 2.7 考察 / p40 (0026.jp2)
  17. 2.8 結言 / p41 (0026.jp2)
  18. 第3章 多品目生産の工程計画とスケジューリング / p42 (0027.jp2)
  19. 3.1 緒言 / p42 (0027.jp2)
  20. 3.2 工程計画とスケジューリング問題の統合化 / p42 (0027.jp2)
  21. 3.3 基本モデル / p44 (0028.jp2)
  22. 3.4 解析方法 / p47 (0029.jp2)
  23. 3.5 最適化アルゴリズム / p50 (0031.jp2)
  24. 3.6 最適化アルゴリズムの適用例 / p53 (0032.jp2)
  25. 3.7 考察 / p68 (0040.jp2)
  26. 3.8 結言 / p70 (0041.jp2)
  27. 第4章 フレキシブル加エセルの無人運転のための効率的運用法 / p71 (0041.jp2)
  28. 4.1 緒言 / p71 (0041.jp2)
  29. 4.2 無人運転のための問題設定 / p71 (0041.jp2)
  30. 4.3 基本モデルの定式化 / p72 (0042.jp2)
  31. 4.4 間題の解法 / p77 (0044.jp2)
  32. 4.5 最適化アルゴリズム / p85 (0048.jp2)
  33. 4.6 適用例および考察 / p87 (0049.jp2)
  34. 4.7 結言 / p102 (0057.jp2)
  35. 第5章 フレキシブル加エセルの試作とその実験的運用 / p104 (0058.jp2)
  36. 5.1 緒言 / p104 (0058.jp2)
  37. 5.2 フレキシブル加エセルの試作 / p104 (0058.jp2)
  38. 5.3 段取作業と加工作業の自動化 / p111 (0061.jp2)
  39. 5.4 フレキシブル加エセルの運用シミュレーション / p113 (0062.jp2)
  40. 5.5 フレキシブル加エセルの実験的運用 / p118 (0065.jp2)
  41. 5.6 考察 / p122 (0067.jp2)
  42. 5.7 結言 / p124 (0068.jp2)
  43. 第6章 試作フレキシブル加エセルの効率的運用例 / p125 (0068.jp2)
  44. 6.1 緒言 / p125 (0068.jp2)
  45. 6.2 フレキシブル加エセルの運用における効率化 / p125 (0068.jp2)
  46. 6.3 フレキシブル加エセルの運用モデル / p129 (0070.jp2)
  47. 6.4 最適化アルゴリズム / p137 (0074.jp2)
  48. 6.5 最適化アルゴリズムを用いた運用例 / p139 (0075.jp2)
  49. 6.6 考察 / p147 (0079.jp2)
  50. 6.7 結言 / p152 (0082.jp2)
  51. 第7章 結論 / p153 (0082.jp2)
  52. 謝辞 / p156 (0084.jp2)
  53. 記号一覧表 / p157 (0084.jp2)
  54. 文献 / p162 (0087.jp2)
  55. 発表論文一覧表 / p176 (0094.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072001
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000991690
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000236315
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ