FMSの構成と運用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松本, 和男 マツモト, カズオ

書誌事項

タイトル

FMSの構成と運用に関する研究

著者名

松本, 和男

著者別名

マツモト, カズオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第7351号

学位授与年月日

1990-11-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0009.jp2)
  4. 第2章 フレキシビィリィティについての考察 / p9 (0017.jp2)
  5. 第1節 緒言 / p9 (0017.jp2)
  6. 第2節 FMSに要求されるフレキシビィリィティ / p9 (0017.jp2)
  7. 第3節 加工機能に関するフレキシビィリィティ / p11 (0019.jp2)
  8. 3・1 パーツ・フレキシビィリィティ 1 / p11 (0019.jp2)
  9. 3・2 設計変更フフレキシビィリィティ / p11 (0019.jp2)
  10. 第4節 生産性に関するフレキシビィリィティ / p11 (0019.jp2)
  11. 4・1 ミックス・フレキシビィリィティ / p11 (0019.jp2)
  12. 4・2 パーツ・フキシビィリィティ 2 / p11 (0019.jp2)
  13. 4・3 設計変更フレキシビィリィティ / p12 (0020.jp2)
  14. 4・4 容量フレキシビィリィティ / p12 (0020.jp2)
  15. 4・5 径路フレキシビィリィティ / p12 (0020.jp2)
  16. 第5節 付随するシステムのフレキシビィリィティ / p12 (0020.jp2)
  17. 5・1 マテリアル・ハンドリング・システムに関するフレキシビィリィティ / p12 (0020.jp2)
  18. 5・2 情報・通信ネットワークに関するフレキシビィリィティ / p13 (0021.jp2)
  19. 第6節 フレキシビィリィティ問題 / p13 (0021.jp2)
  20. 第7節 結言 / p15 (0023.jp2)
  21. 第3章 FMSの構成法 / p16 (0024.jp2)
  22. 第1節 緒言 / p16 (0024.jp2)
  23. 第2節 加工機能の分類と加工機械の構成法 / p16 (0024.jp2)
  24. 2・1 加工形状要素の抽出 / p16 (0024.jp2)
  25. 2・2 加工メカニズムの分類 / p20 (0030.jp2)
  26. 2・3 代表的切れ刃の抽出 / p29 (0041.jp2)
  27. 2・4 加工メカニズムと加工形状要素の対応関係による加工機能に関するフレキシビィリィティの考察 / p31 (0043.jp2)
  28. 第3節 生産性に関するフレキシビィリィティを考えたFMSの構成法 / p34 (0048.jp2)
  29. 3・1 加工メカニズムのコストと加工時間 / p34 (0048.jp2)
  30. 3・2 問題の定式化 / p36 (0050.jp2)
  31. 3・3 ミックスフレキシビイリイティを考えたFMS構成法 / p37 (0051.jp2)
  32. 3・4 事例研究と解の有効性 / p40 (0054.jp2)
  33. 第4節 実行可能解の導出 / p45 (0059.jp2)
  34. 第5節 結言 / p47 (0061.jp2)
  35. 第4章 フローショップ型FMSの連用法 / p48 (0062.jp2)
  36. 第1節 緒言 / p48 (0062.jp2)
  37. 第2節 問題の定式化 / p49 (0063.jp2)
  38. 第3節 アルゴリズムの展開 / p51 (0065.jp2)
  39. 3・1 アルゴリズムの基本的考え方 / p51 (0065.jp2)
  40. 3・2 バックトラック計画法の展開 / p52 (0066.jp2)
  41. 第4節 事例研究 / p55 (0069.jp2)
  42. 4・1 事例1 / p55 (0069.jp2)
  43. 4・2 事例2 / p60 (0078.jp2)
  44. 第5節 結言 / p63 (0081.jp2)
  45. 第5章 ジョブショップ型FMSの運用法 / p64 (0082.jp2)
  46. 第1節 緒言 / p64 (0082.jp2)
  47. 第2節 問題の定式化 / p65 (0083.jp2)
  48. 第3節 アルゴリズムの展開 / p67 (0085.jp2)
  49. 3・1 スケジュール作成の考え方 / p67 (0085.jp2)
  50. 3・2 シュミレーテッド・アニーリング法を用いたFMSスケジューリング法の展開 / p68 (0086.jp2)
  51. 3・3 複数スタートの反復改良法を用いたFMSスケジューリング法の展開 / p73 (0091.jp2)
  52. 3・4 手法の有効性 / p75 (0093.jp2)
  53. 第4節 結言 / p79 (0097.jp2)
  54. 第6章 FMSの周辺問題 / p81 (0099.jp2)
  55. 第1節 緒言 / p81 (0099.jp2)
  56. 第2節 PULLシステム(カンバン)とPUSHシステム(MRP)の問題点とそれらの解決法 / p82 (0100.jp2)
  57. 2・1 PULLシステムとPUSHシステムの問題点 / p82 (0100.jp2)
  58. 2・2 在庫量を最小化するためのカンバンとMRPの組合せ / p87 (0105.jp2)
  59. 第3節 FA、CIMの問題点とそれらの解決法 / p87 (0105.jp2)
  60. 4・1 CIMにおける品質保証 / p87 (0105.jp2)
  61. 4・2 CIMにおける設備保全 / p89 (0107.jp2)
  62. 4・3 作業者、機械、製品/部品、およびコンピュータとのインターフェース / p90 (0108.jp2)
  63. 第4節 結言 / p92 (0110.jp2)
  64. 第7章 結論 / p93 (0111.jp2)
  65. 謝辞 / p95 (0113.jp2)
  66. 主な記号表 / p96 (0114.jp2)
  67. 参考文献 / p100 (0118.jp2)
  68. 発表論文一覧表 / p107 (0125.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072002
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072193
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000236316
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ