Interleukin2(IL-2)脾動脈内注入によるLymphokine activated killer(LAK)活性誘導の基礎的検討 An Experimental Study on the In Vivo Induction of Lymphokine Activated Killer (LAK) Cells by the Continuous Infusion of Interleukin 2 (IL-2)through the Splenic Artery

この論文をさがす

著者

    • 大西, 博昭 オオニシ, ヒロアキ

書誌事項

タイトル

Interleukin2(IL-2)脾動脈内注入によるLymphokine activated killer(LAK)活性誘導の基礎的検討

タイトル別名

An Experimental Study on the In Vivo Induction of Lymphokine Activated Killer (LAK) Cells by the Continuous Infusion of Interleukin 2 (IL-2)through the Splenic Artery

著者名

大西, 博昭

著者別名

オオニシ, ヒロアキ

学位授与大学

近畿大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第154号

学位授与年月日

1990-09-15

注記・抄録

博士論文

学位の種類:医学  学位授与年月日:1990/9/15  指導:安富, 正幸 教授((Director: Prof. Masayuki, Yasutomi))   報告番号:甲第154号  学内授与番号:医甲117  NDL書誌ID:000000236341 Ohnishi, Hiroaki

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072027
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072218
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000236341
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ