研削振動診断と計算機援用支援システム Grinding vibration diagnosis and computer-based support system

この論文をさがす

著者

    • 韓, 芸 ハン, イー

書誌事項

タイトル

研削振動診断と計算機援用支援システム

タイトル別名

Grinding vibration diagnosis and computer-based support system

著者名

韓, 芸

著者別名

ハン, イー

学位授与大学

豊橋技術科学大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第11号

学位授与年月日

1990-11-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. ABSTRACT / (0006.jp2)
  2. 目次 / (0009.jp2)
  3. 第一章 緒論 / p1 (0012.jp2)
  4. 1.1 研削振動の種類と発生機構 / p1 (0012.jp2)
  5. 1.2 本研究で取り上げる問題点 / p7 (0018.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的 / p10 (0021.jp2)
  7. 1.4 研究の方法 / p11 (0022.jp2)
  8. 第二章 研削振動の非線形特性と周波数挙動 / p12 (0023.jp2)
  9. 2.1 研究の背景、目的及び方法 / p12 (0023.jp2)
  10. 2.2 研削抵抗の幾何学的非線形作用 / p13 (0024.jp2)
  11. 2.3 研削振動の周波数特性 / p21 (0032.jp2)
  12. 2.4 仕上げ面光沢むらの事例 / p24 (0035.jp2)
  13. 2.5 結言 / p34 (0045.jp2)
  14. 第三章 研削面模様による振動診断の基本手法 / p37 (0048.jp2)
  15. 3.1 研究の背景、目的及び方法 / p37 (0048.jp2)
  16. 3.2 研削面模様の生成機構とその特徴 / p37 (0048.jp2)
  17. 3.3 研削面模様の原因別種類とそれらの現象 / p39 (0050.jp2)
  18. 3.4 反射光強度測定手法の確立 / p43 (0054.jp2)
  19. 3.5 振動診断 / p47 (0058.jp2)
  20. 3.6 結言 / p47 (0058.jp2)
  21. 第四章 振動診断の支援システム / p49 (0060.jp2)
  22. 4.1 研究の背景、目的及び方法 / p49 (0060.jp2)
  23. 4.2 支援手法の全体構想 / p50 (0061.jp2)
  24. 4.3 システム構成 / p53 (0064.jp2)
  25. 4.4 診断の処理過程 / p55 (0066.jp2)
  26. 4.5 事例と評価 / p58 (0069.jp2)
  27. 4.6 結言 / p62 (0073.jp2)
  28. 第五章 結論 / p63 (0074.jp2)
  29. 5.1 本研究の結論 / p63 (0074.jp2)
  30. 5.2 今後の課題 / p65 (0076.jp2)
  31. 謝辞 / p68 (0079.jp2)
  32. 参考文献 / p70 (0081.jp2)
  33. 付録A / p73 (0084.jp2)
  34. 付録B / p74 (0085.jp2)
  35. 付録C / p78 (0089.jp2)
  36. 付録D / p80 (0091.jp2)
  37. 付録E / p82 (0093.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072079
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072271
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000000236393
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ