ラット実験的自己免疫性ぶどう膜炎発症における免疫遺伝学的研究 Genetic Control of Experimental Autoimmune Uveitis in Rats.

この論文をさがす

著者

    • 広瀬, 茂人 ヒロセ, シゲト

書誌事項

タイトル

ラット実験的自己免疫性ぶどう膜炎発症における免疫遺伝学的研究

タイトル別名

Genetic Control of Experimental Autoimmune Uveitis in Rats.

著者名

広瀬, 茂人

著者別名

ヒロセ, シゲト

学位授与大学

北海道大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第3832号

学位授与年月日

1990-12-25

注記・抄録

博士論文

Differences in susceptibility to experimental autoimmune uveitis (EAU) among rats of various strains have been reported. The present study was aimed at separating the effects of the major histocompatibility complex (MHC) and Non-MHC genes on the development of EAU. EAU-susceptible LEW. EAU-resistant WKAH, WKAH.1l MHC congenic strain rats representing MHC of LEW on WKAH genetic background, and other nine inbred strains of rats were examined for their ability to develop EAU by immunization with bovine S-Ag or peptide M, an synthetic polypeptide corresponding to position 303 to 320 in bovine S-Ag. We found that only LEW rats developed S-Ag induced EAU, Where WKAH, 1L congenic and other rats did not. However, when an additional ivinjection of Bordetella pertussis (BP) was given, all rat strains developed S-Ag induced-EAU. In contrast, only LEW, WKAG.1L, F344, and NIG-III rats, which have haplotype l at RT1 class II subregions developed EAU by immunization with peptide M and BP. The present findings showed that the susceptibility to EAU in rats was controlled by both MHC and non-MHC genes. Eventual development of EAU in rats was governed by non-MHC gene(s).However, this effect of non-MHC gene(s) could no longer be observed when an additional injection of BP was administered. MHC class II (RT11) restricted the susceptibility to peptide M induced-EAU.However, this MHC restriction was not observed when multideterminant S-Ag was used as an immunogen.                      

種々のラット系統での実験的自己免疫性ぶどう臆炎(EAU)に対する感受性の相違が報告されている。本研究では、EAU発症における主要組織適合抗原複合体(MHC)とnon-MHC遺伝子の役割を明らかにすることを目的として、EAU高感受性であるLEW、EAU抵抗性であるWKAH、LEWラットと同一のMHCとWKAHのnon-MHC遺伝子とを持つWKAH.1L RT1 congenic rat、他9種類の純系ラットをウシS-Agあるいは、ウシS-Agのアミノ酸配列303から320番を合成したペプタイドである、peptide M で免疫することによりEAU発症の有無を検索した。その結果S-Agで免疫し、Bordetella pertussis(BP)投与を行わなかった場合では、LEWラットはEAUを発症したが、WKAHおよび WKAH.1Lラットでは全く眼炎症が認められなかった。一方、BP同時投与を行った場合では、全てのラットがS-AgによるEAUを発症した。しかし、BP同時投与を行っても、peptide Mで免疫した場合には、LEW、WKAH.1L、 F344、及びNIG-IIIラットのRT1 class IIに1ハプロタイプをもつラットのみがEAUを発症した。   以上の結果よりラットEAU発症には、MHC non-MHC遺伝子がともに関与していることが示された。最終的なEAU発症は、non-MHC遺伝子により支配されていた。しかし、このnon-MHC遺伝子の影響は、BPを同時投与した場合には認められなかった。MHC class II (RT1)は、peptide MによるEAU感受性を拘束していた。しかし、このMHCによる拘束は多数の抗原決定基を持つと考えられるS-Agを免疫源とした場合には観察されなかった。

37, 6p.

Hokkaido University (北海道大学). 博士(医学)

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072355
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072549
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000236669
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ