悪性高熱症ブタにおける骨格筋硬直の発生機序と治療薬ダントロレンの作用に関する研究 Mechanism of skeletal muscle rigidity in malignant hyperthermia susceptible pig and effects of its therapeutic agent, dantrolene on skeletal muscle

この論文をさがす

著者

    • 太田, 利男 オオタ, トシオ

書誌事項

タイトル

悪性高熱症ブタにおける骨格筋硬直の発生機序と治療薬ダントロレンの作用に関する研究

タイトル別名

Mechanism of skeletal muscle rigidity in malignant hyperthermia susceptible pig and effects of its therapeutic agent, dantrolene on skeletal muscle

著者名

太田, 利男

著者別名

オオタ, トシオ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

獣医学博士

学位授与番号

乙第3849号

学位授与年月日

1990-12-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. I 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. II 実験方法 / p6 (0011.jp2)
  4. A 実験動物 / p6 (0011.jp2)
  5. B スキンドファイバー標本作製法 / p6 (0011.jp2)
  6. C 実験装置及び張力測定法 / p7 (0012.jp2)
  7. D 筋小胞体内Ca量測定法 / p9 (0014.jp2)
  8. E CaによるCa放出測定法 / p10 (0015.jp2)
  9. F Ca放出速度測定法 / p12 (0017.jp2)
  10. G 使用溶液 / p16 (0021.jp2)
  11. H 使用薬物及び試薬 / p18 (0023.jp2)
  12. I 統計処理 / p19 (0024.jp2)
  13. J 略語表 / p19 (0024.jp2)
  14. III 実験成績 / p20 (0025.jp2)
  15. A 悪性高熱症ブタと正常ブタ骨格筋筋小胞体のCaによるCa放出機構 / p20 (0025.jp2)
  16. 1 Mg及びAMPPCP存在下 / p20 (0025.jp2)
  17. 2 Mg存在下 / p24 (0029.jp2)
  18. 3 Mg及びAMPPCP非存在下 / p24 (0029.jp2)
  19. B 悪性高熱症ブタと正常ブタ骨格筋筋小胞体のCaによるCa放出機構に対する薬物の影響 / p26 (0031.jp2)
  20. 1 ハロセン / p26 (0031.jp2)
  21. 2 カフェイン / p28 (0033.jp2)
  22. C 悪性高熱症ブタと正常ブタ骨格筋筋小胞体のCa取り込み機構 / p31 (0036.jp2)
  23. 1 時間経過 / p31 (0036.jp2)
  24. 2 初速度 / p34 (0039.jp2)
  25. 3 ハロセンの影響 / p34 (0039.jp2)
  26. D 悪性高熱症ブタと正常ブタ骨格筋筋収縮系のCa感受性 / p36 (0041.jp2)
  27. 1 Ca濃度と張力の関係 / p36 (0041.jp2)
  28. 2 ハロセンの影響 / p38 (0043.jp2)
  29. E 悪性高熱症ブタ骨格筋筋小胞体のCaによるCa放出機構に対するダントロレンの影響 / p38 (0043.jp2)
  30. F モルモット骨格筋筋小胞体のCaによるCa放出機構 / p39 (0044.jp2)
  31. 1 pH及びイオン強度の影響 / p41 (0046.jp2)
  32. 2 Mg、AMPPCP及びカフェインの影響 / p43 (0048.jp2)
  33. G モルモット骨格筋スキンドファイバーに対するダントロレンの作用 / p48 (0053.jp2)
  34. 1 筋小胞体のCaによるCa放出機構に対する作用 / p48 (0053.jp2)
  35. 2 筋小胞体のCa取り込み機構に対する作用 / p54 (0059.jp2)
  36. 3 筋収縮系のCa感受性に対する作用 / p54 (0059.jp2)
  37. III 考察 / p57 (0062.jp2)
  38. A 悪性高熱症ブタ骨格筋硬直の発現機序 / p57 (0062.jp2)
  39. B 哺乳類骨格筋筋小胞体のCaによるCa放出機構 / p64 (0069.jp2)
  40. C 骨格筋スキンドファイバーに対するダントロレンの作用 / p66 (0071.jp2)
  41. IV 総括 / p70 (0075.jp2)
  42. 謝辞 / p74 (0079.jp2)
  43. 引用文献 / p75 (0080.jp2)
  44. 英文抄録 / p86 (0091.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072372
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072566
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000236686
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ