スケトウダラ塩ずり肉のゲル形成(坐り)における筋原線維タンパク質の変化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 沼倉, 忠弘 ヌマクラ, タダヒロ

書誌事項

タイトル

スケトウダラ塩ずり肉のゲル形成(坐り)における筋原線維タンパク質の変化に関する研究

著者名

沼倉, 忠弘

著者別名

ヌマクラ, タダヒロ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

水産学博士

学位授与番号

乙第3856号

学位授与年月日

1990-12-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 略語 / p4 (0009.jp2)
  4. 1 実験試料および実験方法 / p6 (0011.jp2)
  5. 1)実験試料(冷凍すり身) / p6 (0011.jp2)
  6. 2)品質の異なる冷凍すり身の調製 / p6 (0011.jp2)
  7. 3)冷凍すり身の品質の判定 / p6 (0011.jp2)
  8. 4)塩ずり肉のゲル化(坐りゲルの形成)とゲル物性の測定 / p7 (0012.jp2)
  9. 5)SDS-尿素混合液に対する坐りゲルの可溶化と可溶化率の測定 / p8 (0013.jp2)
  10. 6)SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法による坐りゲル中のMf(筋原線維)タンパク質サブユニット成分の分析と定量 / p9 (0014.jp2)
  11. 7)SDS共存下のゲル沪過法による坐りゲル中のMfタンパク質サブユニット成分の分画 / p9 (0014.jp2)
  12. 8)高分子量タンパク質マーカーの調製 / p9 (0014.jp2)
  13. 9)各種のパラメーターの算出 / p10 (0015.jp2)
  14. 2 実験結果および考察 / p12 (0017.jp2)
  15. 第1章 塩ずり肉のゲル化(坐りゲルの形成)とミオシンHCの多量化(交差結合)の関係 / p12 (0017.jp2)
  16. 1)塩ずり肉の坐りに伴うゲル強度および凹みの変化 / p13 (0018.jp2)
  17. 2)坐りゲルのSDS-尿素混合液に対する溶解性とMfタンパク質サブユニット成分の変化 / p15 (0020.jp2)
  18. 3)塩ずり肉のゲル化に伴って起こるミオシンHCの多量体形成とその分子サイズ / p24 (0029.jp2)
  19. 4)塩ずり肉のゲル化に伴うミオシンHCの多量化とゲル物性の関係 / p26 (0031.jp2)
  20. 第2章 坐りに伴う肉糊中のMfタンパク質の変化とSDS-ゲル沪過による分画 / p29 (0034.jp2)
  21. 1)坐りに伴う塩ずり肉中のMfタンパク質の変化とSDS共存下のゲル沪過 / p30 (0035.jp2)
  22. 2)坐りに伴う塩ずり肉中のMfタンパク質サブユニット成分量の経時変化 / p35 (0040.jp2)
  23. 第3章 すり身の品質変化が坐りに伴う塩ずり肉のゲル化とミオシンHCの多量化に及ぼす影響 / p39 (0044.jp2)
  24. 1)加熱処理により品質の劣化したすり身の調製法 / p40 (0045.jp2)
  25. 2)すり身の品質の変化が塩ずり肉のゲル形成に及ぼす影響 / p45 (0050.jp2)
  26. 3)すり身の品質の変化が坐りゲルのSDS-尿素混合液に対する溶解性に及ぼす影響 / p49 (0055.jp2)
  27. 4)すり身の品質の変化が塩ずり肉の坐りに伴うミオシンHCの多量化に及ぼす影響 / p53 (0059.jp2)
  28. 5)品質の異なるすり身から作った塩ずり肉のゲル形成能とミオシンHCの多量化の関係 / p64 (0070.jp2)
  29. 第4章 坐りに伴う塩ずり肉のゲル形成能とミオシンHCの多量化(交差結合)能の温度依存性 / p70 (0076.jp2)
  30. 1)坐りに伴う塩ずり肉のゲル物性の変化に及ぼす温度の影響 / p71 (0077.jp2)
  31. 2)坐りに伴う塩ずり肉のSDS-尿素混合液に対する溶解性の変化に対する温度の影響 / p74 (0080.jp2)
  32. 3)坐りに伴う塩ずり肉中のミオシンHCの減少とその多量体形成に及ぼす温度の影響 / p76 (0082.jp2)
  33. 4)坐りに伴う塩ずり肉中のミオシンHCの減少とその多量体形成の量的関係 / p81 (0087.jp2)
  34. 5)低温と高温での坐りにおけるミオシンHCの多量化とゲル物性の変化の相互関係 / p86 (0092.jp2)
  35. 6)塩ずり肉のミオシンHCの多量化(交差結合)反応とゲル化反応の温度依存性 / p90 (0096.jp2)
  36. 第5章 総合考察 / p95 (0101.jp2)
  37. 3 文献 / p106 (0112.jp2)
  38. 4 謝辞 / p110 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072379
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072573
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000236693
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ