日本列島における後期完新世海水準変動

この論文をさがす

著者

    • 藤本, 潔, 1961- フジモト, キヨシ

書誌事項

タイトル

日本列島における後期完新世海水準変動

著者名

藤本, 潔, 1961-

著者別名

フジモト, キヨシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

理学博士

学位授与番号

甲第4288号

学位授与年月日

1990-09-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目 次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1. 完新世海水準変動研究の意義と本研究の目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 2. 完新世海水準変動研究史と間題点の所在 / p2 (0008.jp2)
  5. 3. 調査地域の選定と研究方法の概略 / p12 (0018.jp2)
  6. 第II章 松島湾岸における後期完新世海水準変動 / p16 (0022.jp2)
  7. 1. 松島湾岸および周辺地域における従来の研究 / p16 (0022.jp2)
  8. 2. 地域概観 / p17 (0023.jp2)
  9. 3. 研究方法 / p18 (0024.jp2)
  10. 4. 珪藻分析結果および¹⁴C年代測定結果 / p20 (0026.jp2)
  11. 5. 海水準変動の復元 / p32 (0038.jp2)
  12. 6. 周辺地域における従来の知見との比較 / p39 (0045.jp2)
  13. 第Ⅲ章 能登半島七尾西湾岸における後期完新世海水準変動 / p41 (0047.jp2)
  14. 1. 能登半島および周辺地域における従来の研究 / p41 (0047.jp2)
  15. 2. 地域概観 / p42 (0048.jp2)
  16. 3. 研究方法 / p43 (0049.jp2)
  17. 4. FeS₂含有量分析結果および¹⁴C年代測定結果 / p44 (0050.jp2)
  18. 5. 相対的海水準変動の復元 / p47 (0053.jp2)
  19. 6. 地殻変動に関する若干の考察 / p50 (0056.jp2)
  20. 第IV章 古奥東京湾地域における後期完新世海水準変動 / p56 (0062.jp2)
  21. 1. 当地域における従来の研究とその問題点 / p56 (0062.jp2)
  22. 2. 地域概観 / p57 (0063.jp2)
  23. 3. 海成層上限高度およびその堆積年代 / p58 (0064.jp2)
  24. 4. 潮差の復元方法 / p62 (0068.jp2)
  25. 5. 潮差を考慮した旧海水準の認定 / p63 (0069.jp2)
  26. 6. 海水準変動の復元 / p69 (0075.jp2)
  27. 第V章 結論 / p71 (0077.jp2)
  28. 1. 日本列島における完新世最高海水準 / p71 (0077.jp2)
  29. 2. 3,500 yr B.P.以降の海面低下について / p73 (0079.jp2)
  30. 3. 今後の課題 / p74 (0080.jp2)
  31. 謝辞 / p75 (0081.jp2)
  32. 注 / p76 (0082.jp2)
  33. 文献 / p77 (0083.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072405
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000991717
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000236719
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ