屋根葺材の滑雪特性に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 渡邉, 正朋 ワタナベ, マサトモ

書誌事項

タイトル

屋根葺材の滑雪特性に関する基礎的研究

著者名

渡邉, 正朋

著者別名

ワタナベ, マサトモ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5364号

学位授与年月日

1990-09-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0002.jp2)
  2. 1章 序論 / (0004.jp2)
  3. 1節 本研究の背景と内容 / p1 (0005.jp2)
  4. 2節 建築における落雪災害、並びに日本の雪気候 / p3 (0006.jp2)
  5. 2.1 雪害の特徴および落雪災害の現状 / p3 (0006.jp2)
  6. 2.2 日本の雪気候とその特徴 / p9 (0009.jp2)
  7. 3節 屋根雪の滑走条件および滑走抵抗諸力 / p14 (0012.jp2)
  8. 3.1 滑走抵抗力と滑走条件 / p14 (0012.jp2)
  9. 3.2 滑走抵抗諸力の特徴 / p18 (0014.jp2)
  10. 4節 本研究に関連する既往の研究 / p22 (0016.jp2)
  11. 4.1 本研究に関連する研究の状況 / p22 (0016.jp2)
  12. 4.2 既往の研究に示された主な知見 / p24 (0017.jp2)
  13. 5節 本研究の課題と方法 / p28 (0019.jp2)
  14. 5.1 本研究の課題 / p28 (0019.jp2)
  15. 5.2 課題研究の内容と方法 / p28 (0019.jp2)
  16. [1章参考文献] / p32 (0021.jp2)
  17. 2章 住宅建築における落雪被害、並びに落雪形態 / (0022.jp2)
  18. 1節 伝統的多雪都市住宅における落雪被害 / p34 (0023.jp2)
  19. 1.1 はじめに / p34 (0023.jp2)
  20. 1.2 研究の方法 / p36 (0024.jp2)
  21. 1.3 結果および考察 / p36 (0024.jp2)
  22. 1.4 まとめ / p48 (0030.jp2)
  23. 2節 鉄板葺戸建住宅屋根における落雪形態 / p49 (0031.jp2)
  24. 2.1 はじめに / p49 (0031.jp2)
  25. 2.2 研究の方法 / p51 (0032.jp2)
  26. 2.3 結果および考察 / p53 (0033.jp2)
  27. 2.4 まとめ / p63 (0038.jp2)
  28. [2章参考文献] / p64 (0038.jp2)
  29. 3章 滑雪特性実験装置、並びに屋根葺材と雪氷の静摩擦 / (0039.jp2)
  30. 1節 滑雪特性実験装置の検討および作製 / p65 (0040.jp2)
  31. 1.1 はじめに / p65 (0040.jp2)
  32. 1.2 既往の研究における実験装置 / p66 (0041.jp2)
  33. 1.3 滑雪特性実験装置の作製 / p69 (0042.jp2)
  34. 1.4 まとめ / p73 (0044.jp2)
  35. 2節 屋根葺材と雪氷の静摩擦特性 / p74 (0045.jp2)
  36. 2.1 はじめに / p74 (0045.jp2)
  37. 2.2 研究の方法 / p75 (0045.jp2)
  38. 2.3 結果および考察 / p84 (0050.jp2)
  39. 2.4 まとめ / p96 (0056.jp2)
  40. [3章参考文献] / p97 (0056.jp2)
  41. 4章 屋根葺材の表面粗さ、並びに表面粗さと静摩擦の関係 / (0057.jp2)
  42. 1節 屋根葺材の表面粗さ特性 / p98 (0058.jp2)
  43. 1.1 はじめに / p98 (0058.jp2)
  44. 1.2 研究の方法 / p99 (0059.jp2)
  45. 1.3 結果および考察 / p103 (0061.jp2)
  46. 1.4 まとめ / p121 (0070.jp2)
  47. 2節 表面粗さと静摩擦の関係 / p122 (0070.jp2)
  48. 2.1 はじめに / p122 (0070.jp2)
  49. 2.2 研究方法 / p123 (0071.jp2)
  50. 2.3 結果および考察 / p128 (0073.jp2)
  51. 2.4 まとめ / p137 (0078.jp2)
  52. [4章参考文献] / p139 (0079.jp2)
  53. 5章 屋根葺材に対する雪氷の滑走速度および動摩擦 / (0079.jp2)
  54. 1節 屋根葺材に対する雪氷の滑走速度特性 / p140 (0080.jp2)
  55. 1.1 はじめに / p140 (0080.jp2)
  56. 1.2 研究の方法 / p142 (0081.jp2)
  57. 1.3 結果および考察 / p146 (0083.jp2)
  58. 1.4 まとめ / p154 (0087.jp2)
  59. 2節 屋根葺材に対する雪氷の動摩擦特性 / p155 (0088.jp2)
  60. 2.1 はじめに / p155 (0088.jp2)
  61. 2.2 研究の方法 / p157 (0089.jp2)
  62. 2.3 結果および考察 / p158 (0089.jp2)
  63. 2.4 まとめ / p166 (0093.jp2)
  64. [5章参考文献] / p168 (0094.jp2)
  65. 6章 結論 / (0095.jp2)
  66. 1節 住宅建築における落雪被害、並びに落雪形態 / p169 (0096.jp2)
  67. 2節 滑雪特性実験装置、並び屋根葺材と雪氷の静摩擦 / p171 (0097.jp2)
  68. 3節 屋根葺材の表面粗さ、並びに粗さと静摩擦の関係 / p173 (0098.jp2)
  69. 4節 屋根葺材に対する雪氷の滑走速度および動摩擦 / p176 (0100.jp2)
  70. 5節 屋根葺材における滑雪特性の評価 / p179 (0101.jp2)
  71. 謝辞 / p181 (0102.jp2)
  72. 本研究に関連する発表論文の目録 / p182 (0103.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072463
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072658
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000236777
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ