自動車用トランスミッション歯車の低振動,低騒音設計に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 義友 スズキ, ヨシトモ

書誌事項

タイトル

自動車用トランスミッション歯車の低振動,低騒音設計に関する研究

著者名

鈴木, 義友

著者別名

スズキ, ヨシトモ

学位授与大学

東北大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5382号

学位授与年月日

1990-11-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 本論文に使用する主な記号 / p5 (0007.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0011.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0011.jp2)
  5. 1.2 研究の目的 / p5 (0015.jp2)
  6. 1.3 研究の位置付け / p7 (0017.jp2)
  7. 1.4 論文の構成 / p11 (0021.jp2)
  8. 第2章 トランスミッション・ユニットの振動特性の評価方法 / p15 (0025.jp2)
  9. 2.1 緒言 / p15 (0025.jp2)
  10. 2.2 ギヤノイズの発生メカニズム / p17 (0027.jp2)
  11. 2.3 ユニットのギヤノイズ評価法 / p22 (0032.jp2)
  12. 2.4 はすば歯車対の総合起振力 / p28 (0038.jp2)
  13. 2.5 トランスミッション・ユニットの振動特性の評価方法 / p39 (0049.jp2)
  14. 2.6 結言 / p41 (0051.jp2)
  15. 第3章 かみあい伝達誤差と総合起振力との関係 / p43 (0053.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p43 (0053.jp2)
  17. 3.2 はすば歯車対のねじり振動方程式 / p45 (0055.jp2)
  18. 3.3 かみあい伝達誤差と総合起振力との関係 / p47 (0057.jp2)
  19. 3.4 かみあい伝達誤差の解析方法 / p51 (0061.jp2)
  20. 3.5 歯のばねこわさの近似解法 / p55 (0065.jp2)
  21. 3.6 かみあい伝達誤差とかみあい率との基礎的な関係 / p64 (0074.jp2)
  22. 3.7 結言 / p67 (0077.jp2)
  23. 第4章 諸元の違う歯車対のかみあい伝達誤差 / p69 (0079.jp2)
  24. 4.1 緒言 / p69 (0079.jp2)
  25. 4.2 実験方法 / p71 (0081.jp2)
  26. 4.3 諸元の違う歯車対のかみあい伝達誤差 / p76 (0086.jp2)
  27. 4.4 諸元の違う歯車振動 / p78 (0088.jp2)
  28. 4.5 かみあい伝達誤差と歯車振動との関係 / p85 (0095.jp2)
  29. 4.6 結言 / p90 (0100.jp2)
  30. 第5章 歯面形状誤差を考慮した歯車対のかみあい伝達誤差 / p91 (0101.jp2)
  31. 5.1 緒言 / p91 (0101.jp2)
  32. 5.2 歯面形状誤差を考慮したかみあい伝達誤差の解析方法 / p92 (0102.jp2)
  33. 5.3 実験方法 / p97 (0107.jp2)
  34. 5.4 試験歯車対のかみあい伝達誤差 / p101 (0111.jp2)
  35. 5.5 歯面形状誤差の違う歯車騒音 / p103 (0113.jp2)
  36. 5.6 かみあい伝達誤差と歯車騒音との関係 / p106 (0116.jp2)
  37. 5.7 結言 / p108 (0118.jp2)
  38. 第6章 組付誤差を考慮した歯車対のかみあい伝達誤差 / p109 (0119.jp2)
  39. 6.1 緒言 / p109 (0119.jp2)
  40. 6.2 組付誤差を考慮したかみあい伝達誤差の解析方法 / p111 (0121.jp2)
  41. 6.3 実験方法 / p114 (0124.jp2)
  42. 6.4 組付誤差とかみあい伝達誤差との関係 / p118 (0128.jp2)
  43. 6.5 組付誤差とユニット起振力との関係 / p120 (0130.jp2)
  44. 6.6 かみあい伝達誤差とユニット起振力との関係 / p122 (0132.jp2)
  45. 6.7 結言 / p124 (0134.jp2)
  46. 第7章 トランスミッション歯車の低振動、低騒音設計法 / p125 (0135.jp2)
  47. 7.1 緒言 / p125 (0135.jp2)
  48. 7.2 低振動、低騒音歯車設計法 / p127 (0137.jp2)
  49. 7.3 かみあい伝達誤差に及ぼす歯面形状誤差の影響 / p136 (0146.jp2)
  50. 7.4 歯車の低振動、低騒音設計事例 / p142 (0152.jp2)
  51. 7.5 結言 / p145 (0155.jp2)
  52. 第8章 結論 / p146 (0156.jp2)
  53. 謝辞 / p148 (0158.jp2)
  54. 参考文献 / p149 (0159.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072481
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072676
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000236795
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ