カルシウム拮抗作用を有するベンゾチアゾリンおよびベンゾチアジン誘導体の合成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 藤田, 昌宣 フジタ, マサノブ

書誌事項

タイトル

カルシウム拮抗作用を有するベンゾチアゾリンおよびベンゾチアジン誘導体の合成に関する研究

著者名

藤田, 昌宣

著者別名

フジタ, マサノブ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第5207号

学位授与年月日

1990-12-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 総論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第一章 ベンゾチアゾリン誘導体の合成とカルシウム拮抗作用 / p5 (0006.jp2)
  4. 第一節 ベンゾチアゾリン誘導体の合成 / p5 (0006.jp2)
  5. 第二節 ベンゾチアゾリン誘導体のカルシウム拮抗作用 / p10 (0008.jp2)
  6. 第三節 ベンゾチアゾリン化合物(3ss)の光学活性体の合成、絶対構造の決定、及びカルシウム拮抗作用 / p23 (0015.jp2)
  7. 第二章 ベンソチアジン誘導体の合成とカルシウム拮抗作用 / p27 (0017.jp2)
  8. 第一節 ベンソチアジン母核の合成 / p28 (0017.jp2)
  9. 第二節 ベンソチアジン誘導体の合成 / p35 (0021.jp2)
  10. 第三節 ベンソチアジン誘導体のカルシウム拮抗作用 / p38 (0022.jp2)
  11. 第四節 ベンソチアジン化合物(4i)の光学分割、絶対構造の決定、及びカルシウム拮抗作用 / p44 (0025.jp2)
  12. 第三章 化合物(4i)のラット糞中代謝物の合成とカルシウム拮抗作用 / p48 (0027.jp2)
  13. 結論 / p51 (0029.jp2)
  14. 謝辞 / p52 (0029.jp2)
  15. 実験の部 / p53 (0030.jp2)
  16. 第一章第一節に関する実験 / p54 (0030.jp2)
  17. 第一章第二節に関する実験 / p56 (0031.jp2)
  18. 第一章第三節に関する実験 / p56 (0031.jp2)
  19. 第二章第一節に関する実験 / p64 (0035.jp2)
  20. 第二章第二節に関する実験 / p69 (0038.jp2)
  21. 第二章第三節に関する実験 / p73 (0040.jp2)
  22. 第二章第四節に関する実験 / p73 (0040.jp2)
  23. 第三章に関する実験 / p80 (0043.jp2)
  24. 引用文献 / p84 (0045.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072661
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072856
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000236975
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ