管内を流動する急減圧気液二相流の研究 カンナイ オ リュウドウ スル キュウゲンアツ キエキ ニソウリュウ ノ ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 越智, 順治 オチ, ジュンジ

書誌事項

タイトル

管内を流動する急減圧気液二相流の研究

タイトル別名

カンナイ オ リュウドウ スル キュウゲンアツ キエキ ニソウリュウ ノ ケンキュウ

著者名

越智, 順治

著者別名

オチ, ジュンジ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第5217号

学位授与年月日

1990-12-19

注記・抄録

博士論文

09437

博士(工学)

1990-12-19

大阪大学

14401乙第05217号

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p1 (0003.jp2)
  3. 記号 / p3 (0004.jp2)
  4. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.1 まえがき / p1 (0005.jp2)
  6. 1.2 従来の研究 / p2 (0006.jp2)
  7. 1.3 この研究の目的 / p4 (0007.jp2)
  8. 第2章 相変化を伴う気液二相流の圧力損失 / p6 (0008.jp2)
  9. 2.1 まえがき / p6 (0008.jp2)
  10. 2.2 実験装置 / p7 (0008.jp2)
  11. 2.3 実験結果 / p8 (0009.jp2)
  12. 2.4 圧力降下,クォリティおよび管摩擦係数の間の関係 / p11 (0010.jp2)
  13. 2.5 減圧沸騰二相流の管摩擦係数の検討 / p14 (0012.jp2)
  14. 2.6 結言 / p16 (0013.jp2)
  15. 第3章 非平衡状態にある気液二相 / p18 (0014.jp2)
  16. 3.1まえがき / p18 (0014.jp2)
  17. 3.2 理論解析 / p18 (0014.jp2)
  18. 3.3 計算結果と検討 / p31 (0020.jp2)
  19. 3.4 結言 / p43 (0026.jp2)
  20. 第4章 臨界状態にあるノズル内気液二相流 / p44 (0027.jp2)
  21. 4.1 まえがき / p44 (0027.jp2)
  22. 4.2 気液二相流を記述する基礎方程式 / p45 (0027.jp2)
  23. 4.3 質量流束及びエネルギ流束 / p46 (0028.jp2)
  24. 4.4 気相,液相の熱力学的関係 / p48 (0029.jp2)
  25. 4.5 臨界状態にある先細ノズル内流れ / p49 (0029.jp2)
  26. 4.6 臨界状態にある先細ノズル内流れの計算結果 / p56 (0033.jp2)
  27. 4.7 結言 / p71 (0040.jp2)
  28. 第5章 先細ノズル内二相臨界流の三層モデルによる解析(二成分二相流の場合) / p72 (0041.jp2)
  29. 5.1まえがき / p72 (0041.jp2)
  30. 5.2 混合層を考慮したモデル / p73 (0041.jp2)
  31. 5.3 先細ノズル内臨界流の数値計算 / p75 (0042.jp2)
  32. 5.4 先細ノズル内臨界流の実験 / p86 (0048.jp2)
  33. 5.5 結言 / p92 (0051.jp2)
  34. 第6章 総括 / p93 (0051.jp2)
  35. 謝辞 / p95 (0052.jp2)
  36. 参考文献 / p96 (0053.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072671
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072866
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000236985
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ