投与量依存性を示す薬物の初回通過効果および消化管クリアランス : Acetaminophenを中心として

この論文をさがす

著者

    • 利根, 義人 トネ, ヨシト

書誌事項

タイトル

投与量依存性を示す薬物の初回通過効果および消化管クリアランス : Acetaminophenを中心として

著者名

利根, 義人

著者別名

トネ, ヨシト

学位授与大学

広島大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第815号

学位授与年月日

1990-02-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 本論 / p3 (0008.jp2)
  4. 第1章 Acetaminophenの体内動態の投与量依存性の薬物速度論的解析 / p3 (0008.jp2)
  5. 第1節 Acetaminophenの体内動態の投与量依存性 / p4 (0009.jp2)
  6. 第2節 Acetaminophenの代謝物の体内動態 / p6 (0010.jp2)
  7. 第3節 Acetaminophenの投与量依存性を表現する薬物速度論モデルの構築 / p8 (0011.jp2)
  8. 第4節 小括 / p11 (0012.jp2)
  9. 第2章 Acetaminophenの初回通過効果の薬物速度論的解析 / p12 (0013.jp2)
  10. 第1節 初回通過効果の薬物速度論モデルの構築 / p12 (0013.jp2)
  11. 第2節 経口投与および十二指腸投与における初回通過効果 / p20 (0017.jp2)
  12. 第3節 直腸投与における初回通過効果 / p21 (0017.jp2)
  13. 第4節 小括 / p23 (0018.jp2)
  14. 第3章 Acetaminophenの消化管クリアランス / p24 (0019.jp2)
  15. 第1節 Acetaminophenの消化管クリアランスの濃度依存性 / p24 (0019.jp2)
  16. 第2節 Salicylamideの消化管クリアランスおよび初回通過効果に対する消化管組織の寄与 / p31 (0022.jp2)
  17. 第3節 Acetaminophenの消化管組織内での代謝の機構の一考察 / p37 (0025.jp2)
  18. 第4節 小括 / p38 (0026.jp2)
  19. 結論 / p39 (0026.jp2)
  20. 謝辞 / p41 (0027.jp2)
  21. 実験の部 / p42 (0028.jp2)
  22. 引用文献 / p56 (0035.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072684
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072879
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000236998
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ