X染色体における隣接遺伝子症候群に関する研究 Contiguous Gene Syndrome Due to X-Chromosome Deletion

この論文をさがす

著者

    • 西村, 真一郎 ニシムラ, シンイチロウ

書誌事項

タイトル

X染色体における隣接遺伝子症候群に関する研究

タイトル別名

Contiguous Gene Syndrome Due to X-Chromosome Deletion

著者名

西村, 真一郎

著者別名

ニシムラ, シンイチロウ

学位授与大学

広島大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

甲第839号

学位授与年月日

1990-03-26

注記・抄録

博士論文

(第一編 Steroid sulfatase deficiencyを伴う隣接遺伝子症候群) 6例のsteroid sulfatase (STS)欠損症患者において,X染色体短腕の遺伝子欠損の範囲を同定した。4例は魚鱗癬単独例であり,2例は魚鱗癬以外に他の症状を合併する例である。合併例のうち1例はchondrodysplasia punctataを伴うConradi症候群であり,もう1例はConradi症候群に似た表現型を示す,46, Y, -X, +der(X) t(X;Y) (p22;q11)の染色体異常症であった。サザンブロッテイングによる解析では,STSのcDNAをプローブとした場合,6例全例でX染色体上のSTS遺伝子の欠損が認められた。STS遺伝子の近傍に存在する遺伝子断片による検索では,魚鱗癬単独例では他の遺伝子欠損を認めなかったが,症候群を合併する例では2例ともにSTS遺伝子に隣接した遺伝子の欠損も認め,共通して欠損した遺伝子座は,STS遺伝子(pSTS76),DXS89(pTAK10a),DXS31(M1A)であった。以上の結果より,日本人症例においても遺伝子欠損がSTS欠損症の主要な原因となっていることが考えられ,さらに遺伝子欠損範囲の程度が多様な症状の発現に強く関与していることが示唆され, STS欠損症を伴う症候群は隣接遺伝子症候群として考えることができる。(第二編 Glycerol kinase deficiencyを伴う隣接遺伝子症候群)白血球glycerol kinase活性の低下とcongenital adrenal hypoplasia (AHC)を認めるcomplex glycerol kinase deficiency (CGKD) 4例において, X染色体短腕の遺伝子欠損の範囲を同定した。Duchenne muscular dystrophy (DMD)様ミオパチーは1例に認め,他の1例は臨床症状はないが,筋生検により非特異的ミオパチ-の組織所見が得られた。残りの2例は同胞例であり,筋症状がないため筋生検は施行されてない。Xp21に存在する遺伝子断片をプローブとしたサザンプロット法による解析では,DMD様ミオパチ-合併例でDMD遺伝子の一部の欠損を認め,非特異的ミオパチー合併例ではDMD遺伝子座近傍のDXS67(pB24),DXS28(C7),DXS68(L1-4)の遺伝子欠損が存在した。同胞例は,遺伝子欠損を証明できなかった。これらの結果より,GKDとAHCの遺伝子座はXcen-(DMD)-(GKD/AHC)-DXS68-Xpterとなった。また,CGKDにおいてはDMD様ミオパチーを含めた症状発現の多様性が染色体欠損範囲の多様性に関連していることが示唆された。

(Part I: Contiguous Gene Syndrome Associated with Steroid Sulfatase Deficiency) We have studied 6 unrelated males affected by steroid sulfatase (STS) deficiency. Four patients had isolated ichthyosis, one patient had ichthyosis associated with chondrodysplasia punctata (Conradi syndrome) and the remaining patient whose karyotype was 46, Y, -X, +der(X) t(X,Y)(p22;qll) represented a phenotype similar to Conradi syndrome. DNAs from these patients were analyzed by Southern blotting using 10 cloned fragments mapped in the Xp21-Xpter region in order to investigate gene deletions. Four patients with isolated ichthyosis only lacked a fragment of STS gene and two patients with complex symptoms had contiguous gene deletions including STS locus with the fragments commonly absent in both patients being STS locus (pSTS76), DXS89(pTAK10a) and DXS31(M1A). These data suggest that the observed wide spectrum of clinical manifestations of STS deficiency results from contiguous gene deletions.(Part II: Contiguous Gene Syndrome Associated with Glycerol Kmase Deficiency) Four cases with complex glycerol kinase deficiency were studied to detect gene deletions of X chromosome. They all had congenital adrenal hypoplasia (AHC). By Southern blot analysis, using fourteen DNA fragments of Xp21 region as probes, the case with Duchenne muscular dystrophy (DMD)-like myopathy showed the deletion of the DMD gene, cDMDll, cDMD12a, cDMD12b-14. DXS67 (pB24), DXS28 (C7), DXS68 (LI-4) loci, which were near a DMD locus, were deleted in genomic DNA from the case with non specific myopathy and mental retardation (MR). No gene deletion was demonstrated in the other two cases. Both patients associated with myopathy had deletions of loci including or near a DMD locus. The gene deletion extended to more terminal end of short arm (p) was present in DNA from the patient with MR. These results suggest that the loci of glycerol kinase deficiency (GKD) and AHC may be mapped between DXS68 and a DMD locus; Xcen-(DMD)-(GKD/AHC)-DXS68-Xpter, and that the heterogeneity of symptoms, ineluding GKD, AHC, DMD-like myopathy and MR may be correlated with the extents of gene deletions.

広島大学医学雑誌, 37(6), 1085-1092, 平1-12月(1989)広島大学医学雑誌, 37(6), 1093-1100, 平1-12月(1989)

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072708
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072903
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000237022
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ