Tissue conditionerの粘弾性的性質 : ゲル化および応力緩和挙動について

この論文をさがす

著者

    • 村田, 比呂司 ムラタ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

Tissue conditionerの粘弾性的性質 : ゲル化および応力緩和挙動について

著者名

村田, 比呂司

著者別名

ムラタ, ヒロシ

学位授与大学

広島大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

甲第869号

学位授与年月日

1990-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0008.jp2)
  2. 第I章 概要 / p1 (0009.jp2)
  3. 第II章 Tissue conditionerのゲル化 / p2 (0010.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p2 (0010.jp2)
  5. 第2節 材料ならびに方法 / p2 (0010.jp2)
  6. 第3節 結果 / p7 (0015.jp2)
  7. 第4節 考察 / p16 (0024.jp2)
  8. 第III章 Tissue conditionerの応力緩和挙動―Maxwell模型を用いた解析方法― / p23 (0031.jp2)
  9. 第1節 緒言 / p23 (0031.jp2)
  10. 第2節 材料ならびに方法 / p24 (0032.jp2)
  11. 第3節 結果 / p31 (0039.jp2)
  12. 第4節 考察 / p35 (0043.jp2)
  13. 第IV章 Tissue conditionerの応力緩和挙動―組成および構造の影響― / p40 (0048.jp2)
  14. 第1節 緒言 / p40 (0048.jp2)
  15. 第2節 材料ならびに方法 / p41 (0049.jp2)
  16. 第3節 結果 / p44 (0052.jp2)
  17. 第4節 考察 / p53 (0061.jp2)
  18. 第V章 総括 / p69 (0077.jp2)
  19. 第VI章 文献 / p71 (0079.jp2)
  20. 金属修復物の腐食 / p47 (0092.jp2)
  21. ティシュコンディショナーと床用レジンとの離断強さについて-特にワセリンを分離剤として用いた場合- / p433 (0098.jp2)
  22. 広島県内老人ホーム入所者の口腔に関するアンケート調査―障害の程度との関連性― / p35 (0103.jp2)
  23. 精神発達遅滞を有する患者の口腔衛生指導に関する研究 / p42 (0107.jp2)
  24. Evaluation of the methods for dislodging the impression tray affecting the dimensional accuracy of the abutments in a complete dental arch cast / p54 (0109.jp2)
  25. Metal Hypersensitivity in Dentists: a Patch Test Study / p187 (0112.jp2)
  26. Viscoelastic properties of tissue conditioners -Stress relaxation test using Maxwell model analogy- / p1 (0115.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072738
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072933
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237052
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ