十二指腸液中colipaseの分泌動態とその臨床的意義について Studies on the Secretory Pattern of Colipase in the Duodenal Juice and its Clinical Significance

この論文をさがす

著者

    • 古川, 善也 フルカワ, ヨシナリ

書誌事項

タイトル

十二指腸液中colipaseの分泌動態とその臨床的意義について

タイトル別名

Studies on the Secretory Pattern of Colipase in the Duodenal Juice and its Clinical Significance

著者名

古川, 善也

著者別名

フルカワ, ヨシナリ

学位授与大学

広島大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第1864号

学位授与年月日

1989-06-22

注記・抄録

博士論文

人工基質2,3-dimercaptopropan-1-ol tributyrateを用いた,十二指腸液中colipase測定系を確立した。この測定系を用いてcaerulein-secretin test(C-S test)における十二指腸液中colipaseの分泌動態,膵機能および膵形態とcolipase分泌の関係について検討するとともに,慢性膵炎および膵癌症例におけるcolipase分泌を検討した。さらにバター負荷試験とcolipase分泌量の関係についても検討した。①本測定系は簡便かつ短時間で多数検体の同時測定が可能であり,titrimetric法と良好な相関掲係を認めた。また十二指腸液中の胆汁の影響を受けず,十二指腸液の希釈曲線も良好な直線性を認め,精度も満足できるものであった。②健常者におけるC-S test時colipase分泌1よcaerulein刺激後に最大となり,secretinでは持続刺激にもかかわらず減少し,本試験におけるcolipase分泌刺激は主にcaeruleinの作用であると考えられた。また,C-S test時のcolipase分泌量はほぼ対数正規分布を示した。③膵外分泌機能障害が進行するのに従い,colipase濃度の低下がみられ,特にcaerulein刺激後では低下が著明であった。また,正常所見群に比べ高度膵外分泌障害群である確診所見群においては,colipase,lipase,amylase分泌量とも有意の低下を示した。一方,軽度障害群である異常所見群では,colipaseおよびlipase分泌量が有意の低下を示し,異常所見群のcolipase分泌量は正常所見群の65.7%,lipase分泌量は72.8%,amylase分泌量は88.5%であり,軽度膵外分泌機能障害の診断にC-S test時の十二指腸液中colipase測定は有用と考えられた。④内視鏡的逆行性膵管造影所見において膵管形態異常が高度となるのに従い,colipase濃度の低下を認めた。これは特にcaerulein刺激後において著明であった。また,高度膵管形態異常群であるMOP or ADP群は,膵管形態正常群であるNormal-ERP群に比し,colipase,lipase,amylase分泌量ともに有意の低下を示した。一方軽度膵管形態異常群であるMIP群ではNormal-ERP群との有意差は認めなかったものの,amylase分泌量がNorna1-ERP群の102.6%と過分泌の傾向を示したのに対し,colipase分泌量では77.1%,lipase分泌量では72.2%と低ド傾向を示し,colipaseによる軽度膵管形態異常群診断の可能性が示唆された。⑤慢性膵炎I群では,colipase,lipase,amylase分泌量とも正常群に比べ有意の低下を認めた。一方慢性膵炎II群では正常群に比べcolipase分泌量は60.6%,lipase分泌量は68.7%,amylase分泌量は100.4%であり,colipase分泌量のみが有意の低下を認め,軽度または早期慢性膵炎の診断に十二指腸液中colipase測定は有用と考えられた。⑥膵癌症例におけるC-S test時十二指腸液中colipase分泌は,健常者に比べlipase,amylaseと同様に低下する傾向を認めた。⑦バター負荷試験異常群では,colipase分泌量は正常群に比べ著明に低下していた。またcolipase分泌量はlipase分泌量と同様,バター負荷試験正常群と異常群でオーバーラップを認めなかった。さらにcolipase分泌量は,lipase分泌量よりバター負荷試験と良好な相関を示し,十二指腸液中colipaseは脂肪の消化の一指標となることが示唆された。以上よりC-S test時十二指腸液中のcolipase測定は,膵疾患,特に早期または軽度慢性膵炎や脂肪の消化障害の診断・病態解明に有用であると考えられた。

A method was established for measuring colipase concentration in duodenal juice using 2,3-dimercap-topropan-1-ol tributerate, an artificial substrate, and the secretory pattern of colipase in caerulein-secretin test and its clinical significance were studied. The following results were obtained.(1) This method permitted easy and simultaneous determinations for a large number of samples within a short time.(2) Colipase secretion in healthy subjects remarkably increased by stimulation with caerulein, but did not manifest any significant reaction to stimulation with secretin. Colipase output showed an almost logarithmic normal distribution.(3) Colipase concentration decreased with progression of pancreatic exocrine dysfunction or morphological abnormality of the pancreatic duct. The output of colipase, lipase and amylase in the group with mild chronic pancreatitis was found to be 60.6%, 68.7 0x0.00009bfd0e28p-1022nd 100.4 of those in the normal group, respectively.(4) Collpase secretion in patients with pancreatic cancer showed a tendency to decrease, compared to healthy subjects.(5) The colipase output in the group with abnormal butter tolerance test decreased markedly when compared with that in the normal group.The foregoing results suggest that determination of colipase in duodenal juice is useful in the diagnosis and pathogenetic elucidation of pancreatic disease, especially mild chronic pancreatitis, and maldigestion of fat.

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072789
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000072984
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000237103
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ