水没する地すべり斜面の安定解析と安定対策工に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 藤田, 壽雄 フジタ, ヒサオ

書誌事項

タイトル

水没する地すべり斜面の安定解析と安定対策工に関する研究

著者名

藤田, 壽雄

著者別名

フジタ, ヒサオ

学位授与大学

広島大学

取得学位

学術博士

学位授与番号

乙第1923号

学位授与年月日

1989-12-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0008.jp2)
  2. 第一章 序説 / p1 (0012.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景と目的 -ダム建設と斜面災害- / p1 (0012.jp2)
  4. 1.2 ダム貯水による地すべり発生の実態 / p6 (0015.jp2)
  5. 1.3 事例にみる地すべり防止工事 / p32 (0028.jp2)
  6. 1.4 地すべり対策工の計画安全率 / p35 (0029.jp2)
  7. 第二章 概論 / p38 (0031.jp2)
  8. 2.1 ダム建設に関連する地すべり発生機構 / p38 (0031.jp2)
  9. 2.2 地すべり危険地分布調査 / p44 (0034.jp2)
  10. 2.3 地すべり危険地の調査 / p47 (0035.jp2)
  11. 2.4 現在用いられている水没する斜面の安定解析 / p52 (0038.jp2)
  12. 2.5 水没斜面に有効な地すべり防止対策の計画と設計 / p58 (0041.jp2)
  13. 第三章 水没する地すべり斜面の浸透流解析 / p73 (0048.jp2)
  14. 3.1 水没斜面の地下水浸透流解析 / p73 (0048.jp2)
  15. 3.2 水没斜面内の間隙水圧の推定手法 / p75 (0049.jp2)
  16. 3.3 水没斜面での飽和・不飽和浸透流解析 / p78 (0051.jp2)
  17. 3.4 浸透流解析の適応性 / p85 (0054.jp2)
  18. 第四章 水没地すべり斜面の有限要素法による安定解析 / p89 (0056.jp2)
  19. 4.1 水没斜面の安定解析法 / p89 (0056.jp2)
  20. 4.2 地すべり斜面の有限要素法モデル / p93 (0058.jp2)
  21. 4.3 有限要素法による斜面安定解析の理論と離散化 / p95 (0059.jp2)
  22. 4.4 ジョイント要素とすべり面 / p103 (0063.jp2)
  23. 第5章 有限要素法による地すべり対策工の設計 / p117 (0070.jp2)
  24. 5.1 地すべり抑止工設計の実態と問題点 / p118 (0071.jp2)
  25. 5.2 アンカーエの特殊要素の定式化 / p121 (0072.jp2)
  26. 5.3 杭工の特殊要素の定式化 / p123 (0073.jp2)
  27. 第6章 飽和・不飽和浸透流解析を用いた有限要素法による地すべり安定解析の適用性についての事例解析(大渡ダム 戸崎、森山) / p127 (0075.jp2)
  28. 6.1 解析条件の設定 / p127 (0075.jp2)
  29. 6.2 有限要素法モデルの設定 / p129 (0076.jp2)
  30. 6.3 解析結果 / p132 (0078.jp2)
  31. 第7章 ケースヒストリー(大渡ダムにおける貯水と地すべり対策の実態) / p139 (0081.jp2)
  32. 7.1 大渡ダムの概要 / p140 (0082.jp2)
  33. 7.2 貯水池周辺の地質と地すべりの分布 / p142 (0083.jp2)
  34. 7.3 地すべり危険度の判定 / p144 (0084.jp2)
  35. 7.4 地すべりの調査と安定解析 / p148 (0086.jp2)
  36. 7.5 貯水前に実施した地すべり防止対策 / p157 (0090.jp2)
  37. 7.6 貯水と地すべりの発生 / p158 (0091.jp2)
  38. 7.7 発生した地すべりの特性 / p159 (0091.jp2)
  39. 7.8 地すべり防止工の設計 / p163 (0093.jp2)
  40. 7.9 防止工の効果 / p177 (0100.jp2)
  41. 第8章 総括 / p180 (0102.jp2)
  42. 8.1 本研究の構成 / p180 (0102.jp2)
  43. 8.2 飽和・不飽和浸透流解析によって得られる間隙水圧の変動 / p184 (0104.jp2)
  44. 8.3 有限要素法による地すべり安定解析と対策工法の検討 / p186 (0105.jp2)
  45. 謝辞 / p189 (0106.jp2)
  46. 引用文献 / p191 (0107.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072848
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073043
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237162
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ