唾液蛋白固定化ガラス表面への口腔内レンサ球菌の付着機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 淳子 サトウ, ジュンコ

書誌事項

タイトル

唾液蛋白固定化ガラス表面への口腔内レンサ球菌の付着機構に関する研究

著者名

佐藤, 淳子

著者別名

サトウ, ジュンコ

学位授与大学

広島大学

取得学位

歯学博士

学位授与番号

乙第1933号

学位授与年月日

1990-01-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0009.jp2)
  3. 材料並びに方法 / p4 (0012.jp2)
  4. 1.使用菌株 / p4 (0012.jp2)
  5. 2.培養条件 / p4 (0012.jp2)
  6. 3.使用蛋白 / p5 (0013.jp2)
  7. 4.蛋白の固定方法 / p6 (0014.jp2)
  8. 5.固定化蛋白量の測定 / p9 (0017.jp2)
  9. 6.接触角の測定 / p10 (0018.jp2)
  10. 7.ζ-電位の測定 / p12 (0020.jp2)
  11. 8.菌付着実験 / p12 (0020.jp2)
  12. 9.菌付着に及ぼすイオン強度の影響 / p13 (0021.jp2)
  13. 10.菌付着に及ぼすneuraminidase処理の影響 / p14 (0022.jp2)
  14. 11.検定 / p15 (0023.jp2)
  15. 結果 / p16 (0024.jp2)
  16. 1.蛋白濃度と固定化蛋白量 / p16 (0024.jp2)
  17. 2.固定化蛋白への菌付着実験の条件 / p18 (0026.jp2)
  18. 3.固定化蛋白への菌付着実験 / p22 (0030.jp2)
  19. 4.菌体と固定化蛋白の接 触角とζ-電位 / p24 (0032.jp2)
  20. 5.イオン強度の影響 / p26 (0034.jp2)
  21. 6.蛋白のneuraminidase処理の影響 / p30 (0038.jp2)
  22. 7.付着菌数と蛋白のζ-電位、接触角との関係 / p35 (0043.jp2)
  23. 考察 / p43 (0051.jp2)
  24. 1.固定化蛋白を用いる実験方法について / p43 (0051.jp2)
  25. 2.非特異的な静電的相互作用、疎水的相互作用の菌付着への関与について / p46 (0054.jp2)
  26. 3.Mucin、SaliVaへの菌付着における特異的な結合の関与について / p51 (0059.jp2)
  27. 総括 / p53 (0061.jp2)
  28. 文献 / p56 (0064.jp2)
  29. Bond Strength and Marginal Closure of Newly Developed Adhesive Cements / p175 (0079.jp2)
  30. Effects of various finishing methods on staining and accumulation of Streptococcus mutans HS-6 on composite resins / (0083.jp2)
  31. In vitro Adherence of Streptococcus sanguis ATCC 10556 to Various Dental Cements / p216 (0087.jp2)
  32. Sliding Wear of Various Composite Resins and Bovine Enamel / p165 (0092.jp2)
  33. Element Solubility from Dental Implants / p172 (0096.jp2)
  34. Adherence of Streptococci to Surface-modified Glass / p1299 (0097.jp2)
  35. Streptococcal Adherence on Various Restorative Materials / p588 (0101.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072858
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073053
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237172
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ