本態性高血圧症患者における赤血球膜Na輸送に関する研究 A Study of Sodium Transport Systems of Erythrocytes from Patients with Essential Hypertension

この論文をさがす

著者

    • 木戸, 幸司 キド, コウジ

書誌事項

タイトル

本態性高血圧症患者における赤血球膜Na輸送に関する研究

タイトル別名

A Study of Sodium Transport Systems of Erythrocytes from Patients with Essential Hypertension

著者名

木戸, 幸司

著者別名

キド, コウジ

学位授与大学

広島大学

取得学位

医学博士

学位授与番号

乙第2029号

学位授与年月日

1990-07-26

注記・抄録

博士論文

本態性高血圧症患者における赤血球膜Na輸送の特性およびそれと食塩摂取量との関連について検討した。研究1:本態性高血圧症患者および正常血圧対照者における赤血球内Na濃度および赤血球膜Na輸送活性の検討本態性高血圧症患者37例および正常血圧対照者26例を対象とし,食塩摂取量8-10g/日の常塩食下で,赤血球内Na濃度をへマトクリット毛細管法で測定した。赤血球膜Na輸送は,Na-Kポンプ活性をCumberbatch変法で,Na-K共軛輸送をPriceの変法で,Na-Li対向輸送をCanessaの変法で測定した。1)高血圧群の赤血球内Na濃度は対照群に比し高値の傾向を認めた。2)高血圧群は対照群に比し,Na-Kポンプ活性は低値の傾向を,Na-K共軛輸送は低値を,Na-Li対向輸送は高値を示した。3)高血圧群,対照群の両群において,赤血球内Na濃度はNa-Kポンプ活性と負の相関を,Na-K共軛輸送と正の相関を示した。4)両群ともに血圧は赤血球内Na濃度との間に有意な相関を示さなかった。研究2:本態性高血圧症患者における血圧,赤血球内Na濃度および赤血球膜Na輸送におよぼす食塩摂取量変化の影響の検討本態性高血圧症患者22例を対象に1週間の減塩食(3g/日),ひき続き1週間の増塩食(20g/日)を摂取せしめた。減塩期および増塩期の最終日に赤血球内Na濃度,Na-Kポンプ活性,Na-K共軛輸送およびNa-Li対向輸送を測定し,増塩によるこれらの変化を検討した。1)増塩による赤血球内Na濃度の変化率はNa-Kポンプ活性の変化率と負の相関を,Na-K共軛輸送の変化率および平均血圧の変化率と正の相関を示した。2)増塩による平均血圧との増加率が5%以上を示した食塩感受性群においては,増塩によりNa-Kポンプ活性は抑制され,赤血球内Na濃度は増加,Na-K共軛輸送は亢進した。平均血圧の増加率が5%未満の食塩非感受性群では,赤血球内Na濃度,Na-Kポンプ活性およびNa-K共軛輸送のいずれも変化を示さなかった。両群とも,Na-Li対向輸送は増塩により変化を示さなかった。以上より,1)本態性高血圧症患者においてはNa-Kポンプ活性の抑制傾向,赤血球内Na濃度の高値傾向,Na-K共軛輸送の抑制およびNa-Li対向輸送の亢進が認められた。2)赤血球内Na濃度は,Na-Kポンプ活性のみならずNa-K共軛輸送にも関連していることが明らかとなった。3)増塩に伴う赤血球内Na濃度の変化率は,増塩に伴う平均血圧の変化率すなわち食塩感受性に関連していると考えられた。

The aim of this study is to investigate the characteristics of sodium transport systems in erythrocytes and the relationship between changes in blood pressure after salt loading and those in patients with essential hypertension (HT).Study 1: Simultaneous measurements of intraerythrocytic sodium concentration ([Na]i), activities of Na-K pump (Pump), activities of Na -K cotransport (COT) and activities of Na-Li countertransport (SLC) were made in both HT and normotensive controls (NT) under regular salt diet (8-10 g/day). In HT, [Na]i and SLC were higher and Pump and COT were lower than those in NT. [Na]i was negatively correlated with Pump but positively with COT.Study 2: Blood pressure, [Na]i, Pump, COT and SLC were measured in HT during low salt diet (3 g/day) of one week and during high salt diet (20 g/day) of one week. [Na]i and COT were increased and Pump was inhibited in salt-sensitive patients whose mean blood pressure changing from low to high salt diet increased by more than 5%, but were unchanged in nonsalt-sensitive patients. Percent changes in [Na]i from low to high salt diet were negatively correlated with those in Pump but positively with those in COT.The results of these studies indicate that:1) sodium transport systems in HT were characterized by reduced Pump and COT and elevated [Na]i and SLC,2) [Na]i is related not only to Pump but also to COT, and3) changes in [Na]i after salt loading participate in changes in blood pressure after salt loading.

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000072954
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073149
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000237268
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ