肝疾患治療薬malotilateの主代謝物S-glucuronideの生成機序と関連する代謝に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中岡, 稔 ナカオカ, ミノル

書誌事項

タイトル

肝疾患治療薬malotilateの主代謝物S-glucuronideの生成機序と関連する代謝に関する研究

著者名

中岡, 稔

著者別名

ナカオカ, ミノル

学位授与大学

九州大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

乙第4801号

学位授与年月日

1990-10-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 S-glucuronide代謝物の構造決定 / p7 (0008.jp2)
  4. 第1節 概要 / p7 (0008.jp2)
  5. 第2節 S-glucuronideの単離 / p7 (0008.jp2)
  6. 第3節 S-glucuronideの構造推定 / p9 (0009.jp2)
  7. 第4節 S-glucuronideのアグリコン部分の構造確認 / p13 (0011.jp2)
  8. 第5節 考察 / p14 (0012.jp2)
  9. 第3章 Dithiol型代謝物の同定と同代謝物を経由する代謝経路 / p19 (0014.jp2)
  10. 第1節 概要 / p19 (0014.jp2)
  11. 第2節 Dithiol型代謝物の同定 / p20 (0015.jp2)
  12. 第3節 Dithiol型代謝物の定量 / p24 (0017.jp2)
  13. 第4節 Dithiol型代謝物からS-glucuronideへ至る代謝経路 / p25 (0017.jp2)
  14. 第5節 Dithiol型代謝物を経由する代謝経路 / p28 (0019.jp2)
  15. 第6節 考察 / p31 (0020.jp2)
  16. 第4章 S-glucuronide生合成反応を触媒するUDPGTの酵素化学的性質 / p33 (0021.jp2)
  17. 第1節 概要 / p33 (0021.jp2)
  18. 第2節 グルクロン酸抱合反応系と酵素活性の測定 / p34 (0022.jp2)
  19. 第3節 酵素反応速度定数 / p36 (0023.jp2)
  20. 第4節 酵素誘導による影響 / p38 (0024.jp2)
  21. 第5節 阻害実験 / p39 (0024.jp2)
  22. 第6節 考察 / p42 (0026.jp2)
  23. 第5章 Malotilate代謝物の主薬理作用 / p47 (0028.jp2)
  24. 第1節 概要 / p47 (0028.jp2)
  25. 第2節 急性肝障害に対するmalotilate代謝物の主薬理作用 / p47 (0028.jp2)
  26. 第3節 蛋白合成に対するmalolilate代謝物の主薬理作用 / p48 (0029.jp2)
  27. 第4節 考察 / p50 (0030.jp2)
  28. 第6章 正常および肝障害ラットにおけるmalotilateの体内動態 / p52 (0031.jp2)
  29. 第1節 概要 / p52 (0031.jp2)
  30. 第2節 慢性肝障害ラットの作成 / p52 (0031.jp2)
  31. 第3節 正常ラットにおける体内動態 / p54 (0032.jp2)
  32. 第4節 慢性肝障害ラットにおける体内動態 / p57 (0033.jp2)
  33. 第5節 正常ラットと慢性肝障害ラットにおける体内動態の比較 / p57 (0033.jp2)
  34. 第6節 考察 / p62 (0036.jp2)
  35. 第7章 総括および要約 / p65 (0037.jp2)
  36. 謝辞 / p70 (0040.jp2)
  37. 実験の部 / p71 (0040.jp2)
  38. 1.試薬等 / p71 (0040.jp2)
  39. 2.測定機器 / p71 (0040.jp2)
  40. 3.合成 / p72 (0041.jp2)
  41. 1)Disodium 2.2-di(isopropoxycarbonyl)ethylene-1.1-dithiolate(DDED) / p72 (0041.jp2)
  42. 2)Diisopropyl(dithiocarbomethoxy)malonate(DDM) / p72 (0041.jp2)
  43. 3)Isopropyl 2-isopropoxycarbonyl-3,3-bis(methylthio)acrylate(IIBA) / p72 (0041.jp2)
  44. 4)Diisopropyl 1,3-di thian-5-one-2-ylidcnemalonate (DDYM) / p72 (0041.jp2)
  45. 5)〔²H₁₄〕Diisopropyl 1,3-dithian-5-one-2-ylidenemalonate(DDYM-d₁₄) / p73 (0041.jp2)
  46. 4.胆汁中代謝物(M-11)の単離 / p73 (0041.jp2)
  47. 5.メチル化アグリコンの調製 / p74 (0042.jp2)
  48. 6.メチル化アグリコンと合成標品との比較 / p75 (0042.jp2)
  49. 7.Dithiol型代謝物(M-30)の定性および定量分析法 / p75 (0042.jp2)
  50. 8.肝ミクロソームの調製 / p76 (0043.jp2)
  51. 9.UDPGT酵素活性の測定 / p76 (0043.jp2)
  52. 10.Malotilate代謝物の急性肝障害に及ぼす影響 / p77 (0043.jp2)
  53. 11.Malotilate代謝物の初代培養肝細胞の蛋白合成に及ぼす影響 / p77 (0043.jp2)
  54. 12.慢性肝障害ラットの作成 / p78 (0044.jp2)
  55. 13.Malotilate投与試験および生体試料の採取 / p78 (0044.jp2)
  56. 14.Malotilateおよび代謝物濃度の定量 / p78 (0044.jp2)
  57. 1)Malotilateの定量 / p78 (0044.jp2)
  58. 2)代謝物M-1の定量 / p79 (0044.jp2)
  59. 3)代謝物M-6の定量 / p79 (0044.jp2)
  60. 4)薬物速度論的パラメーター / p79 (0044.jp2)
  61. 15.肝ミクロソーム中P-450含量の測定 / p79 (0044.jp2)
  62. 参考文献 / p80 (0045.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073033
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073228
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237347
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ