単一熱線による速度乱れと温度乱れの計測法の開発および加熱格子後方の乱れの研究

この論文をさがす

著者

    • 川島, 和俊, 1930- カワシマ, カズトシ

書誌事項

タイトル

単一熱線による速度乱れと温度乱れの計測法の開発および加熱格子後方の乱れの研究

著者名

川島, 和俊, 1930-

著者別名

カワシマ, カズトシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4819号

学位授与年月日

1990-11-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 加熱格子後方の乱れに関する研究の展望 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的と概要 / p4 (0010.jp2)
  6. 第2章 単一熱線による速度乱れと温度乱れの分離に関する原理 / p6 (0012.jp2)
  7. 2.1 緒言 / p6 (0012.jp2)
  8. 2.2 基本式 / p6 (0012.jp2)
  9. 2.3 分離式 / p8 (0014.jp2)
  10. 2.4 乱れの分離 / p10 (0016.jp2)
  11. 2.5 結言 / p17 (0023.jp2)
  12. 第3章 気流温度と熱線温度の関数としての熱線特性の測定 / p19 (0025.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p19 (0025.jp2)
  14. 3.2 熱線特性値の関数形 / p19 (0025.jp2)
  15. 3.3 熱線特性値の測定 / p20 (0026.jp2)
  16. 3.4 熱線出力に及ぼす汚染の影響 / p26 (0032.jp2)
  17. 3.5 結言 / p36 (0042.jp2)
  18. 第4章 温度の脈動をもつ流れへの熱線からの熱伝達に関する数値実験 / p37 (0043.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p37 (0043.jp2)
  20. 4.2 温度の脈動 / p38 (0044.jp2)
  21. 4.3 数値計算 / p40 (0046.jp2)
  22. 4.4 計算結果 / p45 (0051.jp2)
  23. 4.5 結言 / p51 (0057.jp2)
  24. 第5章 単一熱線による速度乱れと温度乱れの分離に関する数値シミュレーション / p53 (0059.jp2)
  25. 5.1 緒言 / p53 (0059.jp2)
  26. 5.2 流れ場と温度場の計算 / p54 (0060.jp2)
  27. 5.3 平均ヌッセルト数の計算 / p61 (0067.jp2)
  28. 5.4 熱線変動出力の計算 / p62 (0068.jp2)
  29. 5.5 数値シミュレーション / p64 (0070.jp2)
  30. 5.6 分離結果に及ぼす脈動周波数の影響 / p68 (0074.jp2)
  31. 5.7 結言 / p69 (0075.jp2)
  32. 第6章 加熱格子後方の乱れ特性 / p71 (0077.jp2)
  33. 6.1 緒言 / p71 (0077.jp2)
  34. 6.2 実験方法 / p72 (0078.jp2)
  35. 6.3 実験精度 / p75 (0081.jp2)
  36. 6.4 実験結果および考察 / p78 (0084.jp2)
  37. 6.5 結言 / p99 (0105.jp2)
  38. 第7章 結論 / p101 (0107.jp2)
  39. 謝辞 / p103 (0109.jp2)
  40. 引用文献 / p104 (0110.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073051
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000991764
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237365
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ