重質油の水素化分解・精製におけるアスファルテンの反応性とスラッジ及び炭素質生成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 趙, 興哲 ツォウ, シンズァ

書誌事項

タイトル

重質油の水素化分解・精製におけるアスファルテンの反応性とスラッジ及び炭素質生成に関する研究

著者名

趙, 興哲

著者別名

ツォウ, シンズァ

学位授与大学

九州大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第4823号

学位授与年月日

1990-11-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 本論文の目的と意義 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 緒論(研究の背景) / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 重質炭化水素の高度利用と水素化転換反応 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 重質炭化水素の構造と組成 / p2 (0007.jp2)
  6. 1.4 重質炭化水素の水素化転換の単位反応 / p5 (0010.jp2)
  7. 1.5 石油重質油の主な転換プロセス / p6 (0011.jp2)
  8. 1.6 重質炭化水素転換反応の触媒 / p9 (0014.jp2)
  9. 1.7 重質炭化水素の水素化分解・精製反応の課題一反応と触媒の設計 / p9 (0014.jp2)
  10. 1.8 本研究の目的と概要(アプローチ) / p11 (0016.jp2)
  11. 第2章 石油蒸留残渣の水素化分解で生成するスラッジ成分の構造とキャラクタリゼーション / p15 (0020.jp2)
  12. 2.1 緒言 / p15 (0020.jp2)
  13. 2.2 実験 / p17 (0022.jp2)
  14. 2.3 結果 / p19 (0024.jp2)
  15. 2.4 議論 / p30 (0035.jp2)
  16. 第3章 石油蒸留残渣の二段階水素化分解処理による高分解率の達成とスラッジ生成の抑制 / p34 (0039.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p34 (0039.jp2)
  18. 3.2 実験 / p34 (0039.jp2)
  19. 3.3 結果 / p37 (0042.jp2)
  20. 3.4 議論 / p43 (0048.jp2)
  21. 第4章 石油蒸留残渣の二段階水素化分解生成物の構造解析とスラッジの生成機構 / p46 (0051.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p46 (0051.jp2)
  23. 4.2 実験 / p46 (0051.jp2)
  24. 4.3 結果 / p49 (0054.jp2)
  25. 4.4 議論 / p59 (0064.jp2)
  26. 第5章 褐炭液化油蒸留残渣(CLVR)及びその溶剤分別成分の水素化処理における触媒の劣化機構 / p65 (0070.jp2)
  27. 5.1 緒言 / p65 (0070.jp2)
  28. 5.2 実験 / p66 (0071.jp2)
  29. 5.3 結果 / p69 (0074.jp2)
  30. 5.4 議論 / p82 (0087.jp2)
  31. 第6章 褐炭液化油蒸留残渣(CLVR)及びその前処理成分の二段階水素化処理 / p89 (0094.jp2)
  32. 6.1 緒言 / p89 (0094.jp2)
  33. 6.2 実験 / p89 (0094.jp2)
  34. 6.3 結果 / p91 (0096.jp2)
  35. 6.4 議論 / p98 (0103.jp2)
  36. 第7章 本研究の要約と結論 / p101 (0106.jp2)
  37. 7.1 本研究の要約 / p101 (0106.jp2)
  38. 7.2 結論 / p103 (0108.jp2)
  39. 謝辞 / p105 (0110.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073055
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073250
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237369
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ