近代イギリス財政史研究

この論文をさがす

著者

    • 酒井, 重喜, 1949- サカイ, シゲキ

書誌事項

タイトル

近代イギリス財政史研究

著者名

酒井, 重喜, 1949-

著者別名

サカイ, シゲキ

学位授与大学

京都大学

取得学位

経済学博士

学位授与番号

乙第7379号

学位授与年月日

1991-01-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p9 (0008.jp2)
  3. まえがき / p1 (0004.jp2)
  4. 第一章 関税とその徴税請負制の展開 / p1 (0011.jp2)
  5. 第一節 チューダ朝における徴税請負制の試行 / p4 (0013.jp2)
  6. 一 関税業務の旧来的形態とその改善 / p4 (0013.jp2)
  7. 二 総監察官制の採用と挫折 / p9 (0015.jp2)
  8. 三 エリザベス=セシル下での請負制の展開 / p18 (0020.jp2)
  9. 四 徴税請負制の再開 / p29 (0025.jp2)
  10. 第二節 初期スチューアト朝における「大請負」の展開(1) / p41 (0031.jp2)
  11. 一 ジェイムズー世の財政政策と「大請負」の成立 / p41 (0031.jp2)
  12. 二 「大請負」の正の効用 / p46 (0034.jp2)
  13. 三 「大請負」の負の効用 / p55 (0038.jp2)
  14. 第三節 初期スチューアト朝における「大請負」の展開(2) / p71 (0046.jp2)
  15. 一「大請負」の成立経過 / p71 (0046.jp2)
  16. 二 第一次「大請負」の内容と経緯 / p75 (0048.jp2)
  17. 三 「安価な契約」批判(1) / p83 (0052.jp2)
  18. 四 「安価な契約」批判(2) / p88 (0055.jp2)
  19. 第四節 初期スチューアト朝における「大請負」の展開(3) / p97 (0059.jp2)
  20. 一 公信用的意義の増大と「合意なき関税」論議 / p98 (0060.jp2)
  21. 二 「年々契約」克服と公信用の高額・長期化 / p103 (0062.jp2)
  22. 三 「政・商癒着」と公信用の相克 / p106 (0064.jp2)
  23. 四 長期議会による「大請負」断罪 / p111 (0066.jp2)
  24. 第五節 初期スチューアト朝における関税「雑請負」の展開 / p120 (0071.jp2)
  25. 一 絹税・両ぶどう酒税の徴税請負 / p120 (0071.jp2)
  26. 二 干ぶどう税請負 / p127 (0074.jp2)
  27. 三 「小請負」の締結 / p139 (0080.jp2)
  28. 第六節 関税徴税請負制の終焉 / p156 (0089.jp2)
  29. 一 内乱・空位期の関税 / p157 (0089.jp2)
  30. 二 王政復古期の関税立法 / p160 (0091.jp2)
  31. 三 王政復古期の関税業務―徴税請負制の終焉 / p169 (0095.jp2)
  32. 補論 アイァランド関税の統合的徴税請負制 / p187 (0104.jp2)
  33. 一 チューダ朝下のアイァランド関税業務 187 / p187 (0104.jp2)
  34. 二 統合的関税徴税請負制・アイァランド版「大請負」の創設 / p199 (0110.jp2)
  35. 三 アイァランド版「大請負」の展開 / p211 (0116.jp2)
  36. 第二章 消費税とその徴税請負制の展開 / p235 (0128.jp2)
  37. 第一節 消費税の成立とその位置づけ / p237 (0129.jp2)
  38. 一 後見権と徴発権 / p238 (0130.jp2)
  39. 二 「大契約」 / p241 (0131.jp2)
  40. 三 後見裁判所の廃止と消費税の創設 / p245 (0133.jp2)
  41. 第二節 内乱・空位期の消費税 / p256 (0139.jp2)
  42. 一 消費税の創設と反税行動 / p256 (0139.jp2)
  43. 二 消費税の徴税請負 / p261 (0141.jp2)
  44. 三 ノエルの消費税請負 / p265 (0143.jp2)
  45. 第三節 王政復古期消費税をめぐる議会と国王 / p272 (0147.jp2)
  46. 第四節 消費税「州別請負制」の展開 / p283 (0152.jp2)
  47. 一 消費税業務の課題 / p283 (0152.jp2)
  48. 二 「州別請負制」の採用とその変容 / p288 (0155.jp2)
  49. 三 委託人制 / p300 (0161.jp2)
  50. 第五節 消費税「一括請負制」の展開 / p313 (0167.jp2)
  51. 一 第一次「一括請負制」の契約内容 / p314 (0168.jp2)
  52. 二 軍支払総監フォックスと消費税局 / p321 (0171.jp2)
  53. 三 「金融家官僚」による「委嘱事業」 / p332 (0177.jp2)
  54. 第六節 消費税徴税請負制の終焉 / p340 (0181.jp2)
  55. 一 第二次「一括請負制」―マネイジメント・ポリシーの採用 / p340 (0181.jp2)
  56. 二 第三次「一括請負制」―請負人の「独立性」喪失 / p342 (0182.jp2)
  57. 三 請負制の放棄―代替公信用の模索 / p345 (0183.jp2)
  58. 第三章 炉税とその徴税請負制の展開 / p357 (0189.jp2)
  59. 第一節 炉税の成立とその概要 / p359 (0190.jp2)
  60. 一 炉税の成立 / p359 (0190.jp2)
  61. 二 概要―「一六六二年法」 / p361 (0191.jp2)
  62. 三 炉税業務に課せられた課題 / p363 (0192.jp2)
  63. 第二節 炉税と第二次英蘭戦争(1) / p373 (0197.jp2)
  64. 一「一六六三年法」による査定改善 / p373 (0197.jp2)
  65. 二 「一六六四年法」と「シティ・ローン」 / p376 (0199.jp2)
  66. 第三節 炉税と第二次英蘭戦争 (2) / p394 (0208.jp2)
  67. 一 第一次請負制と「一六六六年L分」問題 / p394 (0208.jp2)
  68. 二 シティの請願とコベントリ委員会 / p401 (0211.jp2)
  69. 三 「オーダー・システム」の導入と第一次請負制の破棄 / p407 (0214.jp2)
  70. 四 バックウェル融資による「ローン」問題の決着 / p418 (0220.jp2)
  71. 第四節 炉税業務近代化と請負制廃止 / p427 (0224.jp2)
  72. 一「炉税局」の設置・収税機構近代化の進展 / p427 (0224.jp2)
  73. 二 請負制復活と請負人差益の発生 / p430 (0226.jp2)
  74. 三 マネイジメント・ポリシーと「余剰」売却策 / p432 (0227.jp2)
  75. 四 「新炉税局」の設置・収税機構近代化の徹底 / p436 (0229.jp2)
  76. 索引 / p1 (0236.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073101
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000991773
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237415
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ