サトイモと秋冬作物の同時作付による畑地の省力的高度利用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山田, 盾 ヤマダ, ミタテ

書誌事項

タイトル

サトイモと秋冬作物の同時作付による畑地の省力的高度利用に関する研究

著者名

山田, 盾

著者別名

ヤマダ, ミタテ

学位授与大学

京都大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

乙第7419号

学位授与年月日

1991-01-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. I 緒言 / p4 (0008.jp2)
  4. II 共通的方法 / p8 (0012.jp2)
  5. 1)同時植の定義 / p8 (0012.jp2)
  6. 2)同時植の作期 / p8 (0012.jp2)
  7. 3)同時植の具体的な方法 / p8 (0012.jp2)
  8. 4)供試圃場 / p10 (0014.jp2)
  9. 5)供試作物,品種と標準的栽培方法 / p10 (0014.jp2)
  10. III サトイモの秋期同時植に関連する特性 / p13 (0017.jp2)
  11. 1 方法 / p13 (0017.jp2)
  12. 2 結果と考察 / p15 (0019.jp2)
  13. IV サトイモと秋期同時植できる作物組合せ / p23 (0027.jp2)
  14. 1 方法 / p23 (0027.jp2)
  15. 2 結果と考察 / p24 (0028.jp2)
  16. V 同時植の作期 / p32 (0036.jp2)
  17. 1 方法 / p32 (0036.jp2)
  18. 2 結果と考察 / p33 (0037.jp2)
  19. VI オオムギとサトイモの同時植 / p42 (0048.jp2)
  20. 1 方法 / p42 (0048.jp2)
  21. 2 結果と考察 / p43 (0049.jp2)
  22. VII イタリアンライグラスとサトイモの同時植 / p50 (0056.jp2)
  23. 1 方法 / p50 (0056.jp2)
  24. 2 結果と考察 / p51 (0057.jp2)
  25. VII 同時植の地域適応性 / p57 (0063.jp2)
  26. 1 方法 / p57 (0063.jp2)
  27. 2 結果と考察 / p57 (0063.jp2)
  28. IX 同時植の実証 一実用規模で管理されたオオムギ・サトイモの生育特性ー / p63 (0069.jp2)
  29. 1 方法 / p63 (0069.jp2)
  30. 2 結果 / p66 (0072.jp2)
  31. 3 考察 / p75 (0081.jp2)
  32. X 総合考察 / p79 (0085.jp2)
  33. 1)同時植のためのサトイモの越冬特性 / p79 (0085.jp2)
  34. 2)同時植における畑地高度利用特性 / p82 (0088.jp2)
  35. 3)同時植の応用と間作の見直しならびに永続的農業 / p87 (0093.jp2)
  36. 4)作付体系における同時植の位置付け / p89 (0095.jp2)
  37. XI 摘要 / p92 (0098.jp2)
  38. XII 引用文献 / p96 (0102.jp2)
  39. XIII 写真 / p108 (0114.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073141
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073336
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237455
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ