接触作業における筋の粘弾性調節機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 厚生 カトウ, アツオ

書誌事項

タイトル

接触作業における筋の粘弾性調節機構に関する研究

著者名

加藤, 厚生

著者別名

カトウ, アツオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

乙第3871号

学位授与年月日

1990-10-31

注記・抄録

博士論文

名古屋大学博士学位論文 学位の種類:工学博士 (論文) 学位授与年月日:平成2年10月31日

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景と意義 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 関連する従来の研究 / p5 (0010.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的 / p17 (0022.jp2)
  6. 1.4 本論文の概要 / p19 (0024.jp2)
  7. 第2章 可変粘弾性装置 / p26 (0031.jp2)
  8. 2.1 はじめに / p26 (0031.jp2)
  9. 2.2 原理 / p28 (0033.jp2)
  10. 2.3 制御系の構成 / p31 (0036.jp2)
  11. 2.4 結果と考察 / p36 (0041.jp2)
  12. 2.5 結論 / p47 (0052.jp2)
  13. 第3章 可変慣性能率装置 / p49 (0054.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p49 (0054.jp2)
  15. 3.2 原理 / p50 (0055.jp2)
  16. 3.3 装置の構成 / p57 (0062.jp2)
  17. 3.4 結果と考察 / p59 (0064.jp2)
  18. 3.5 結論 / p64 (0069.jp2)
  19. 第4章 上肢の可変粘弾性特性の実験による検証 / p65 (0070.jp2)
  20. 4.1 はじめに / p65 (0070.jp2)
  21. 4.2 方法 / p66 (0071.jp2)
  22. 4.3 結果 / p70 (0075.jp2)
  23. 4.4 考察 / p83 (0088.jp2)
  24. 4.5 結論 / p85 (0090.jp2)
  25. 第5章 上肢の可変粘弾性特性のモデルによる検証 / p87 (0092.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p87 (0092.jp2)
  27. 5.2 環境に拘束されて運動する上肢の力学モデル / p89 (0094.jp2)
  28. 5.3 シミュレーションの結果と考察 / p93 (0098.jp2)
  29. 5.4 結論 / p104 (0109.jp2)
  30. 第6章 結論 / p106 (0111.jp2)
  31. 6.1 研究の経過 / p106 (0111.jp2)
  32. 6.2 接触作業ロボット制御への展望 / p109 (0114.jp2)
  33. 謝辞 / p111 (0116.jp2)
  34. 参考文献 / p112 (0117.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073386
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073582
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000237700
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ