契約交渉の破棄とその責任 : 現代における信頼保護の一態様として

この論文をさがす

著者

    • 池田, 清治, 1961- イケダ, セイジ

書誌事項

タイトル

契約交渉の破棄とその責任 : 現代における信頼保護の一態様として

著者名

池田, 清治, 1961-

著者別名

イケダ, セイジ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

法学博士

学位授与番号

甲第2840号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 序論―本稿の課題、対象、視角と構成 / p1 (0006.jp2)
  3. 第一編、日本法における議論の現状と問題点 / p12 (0019.jp2)
  4. 「はじめに」―概要の紹介 / p12 (0019.jp2)
  5. 第一部、「契約交渉の破棄」に関する裁判例の紹介と検討 / p12 (0019.jp2)
  6. 第一章、裁判例の紹介とそれに対する学説の理解とその問題点 / p13 (0020.jp2)
  7. 第二章、裁判例の分析とその類型化 / p27 (0034.jp2)
  8. 第一部のまとめ / p41 (0048.jp2)
  9. 第二部、「契約交渉の破棄」に関する学説の紹介と検討 / p46 (0053.jp2)
  10. 第一章、日本における「契約締結上の過失」理論の導入と展開 / p46 (0053.jp2)
  11. 第二章、学説の紹介と検討―学説の問題点 / p51 (0058.jp2)
  12. 第一編の小括―日本法における議論のまとめと基本的問題の提起 / p69 (0076.jp2)
  13. 第二編、ドイツ法の考察 / p74 (0085.jp2)
  14. 「はじめに」―概要の紹介 / p74 (0085.jp2)
  15. 第一部、「契約交渉の破棄」に対するドイツ法の態度―「契約締結上の過失」理論について / p74 (0085.jp2)
  16. 第一章、裁判例の紹介と検討 / p75 (0086.jp2)
  17. 第二章、学説の紹介と検討 / p107 (0118.jp2)
  18. 第一部の小括 / p142 (0153.jp2)
  19. 第二部、「契約交渉の破棄」に関連する法理論ないし法制度―第一部で紹介した議論の背景について / p144 (0155.jp2)
  20. 第一章、「契約」にまつわる諸問題―「(本)契約」、「予約」、「予備的契約」 / p144 (0155.jp2)
  21. 第二章、「事務管理」、「不当利得」、「不法行為法」 / p174 (0185.jp2)
  22. 第二部の小括 / p179 (0190.jp2)
  23. 第三編、フランス法の考察 / p181 (0195.jp2)
  24. 「はじめに」―概要の紹介 / p181 (0195.jp2)
  25. 第一部、「契約交渉の破棄」に対するフランス法の態度―不法行為責任について / p181 (0195.jp2)
  26. 第一章、裁判例の紹介と検討 / p182 (0196.jp2)
  27. 第二章、学説の紹介と検討 / p193 (0207.jp2)
  28. 第一部の小括 / p208 (0222.jp2)
  29. 第二部、「契約交渉の破棄」に関連する法理論ないし法制度―第一部で紹介した議論の背景について / p210 (0224.jp2)
  30. 第一章、「契約」にまつわる諸問題―「(本)契約」、「予約」、「予備的契約」 / p211 (0225.jp2)
  31. 第二章、「申込」に関する議論―「申込の撤回」を中心として / p237 (0251.jp2)
  32. 第二部の小括 / p264 (0278.jp2)
  33. [補論]アメリカ法の概観 / p270 (0285.jp2)
  34. 「はじめに」―概要の紹介 / p270 (0285.jp2)
  35. 第一部、「契約交渉の破棄」とそれに関連する問題に対するアメリカ法の古典的な態度 / p271 (0286.jp2)
  36. 第一章、古典的な見解―WillistonとCorbin / p271 (0286.jp2)
  37. 第二章、第一次(契約法)リステイトメント(一九三二年)への結実 / p277 (0292.jp2)
  38. 第一部のまとめ / p279 (0294.jp2)
  39. 第二部、「契約交渉の破棄」とその他の「関連問題」に対するアメリカ法の展開 / p280 (0295.jp2)
  40. 第一章、第一次(契約法)リステイトメント(一九三二年)以後のアメリカ法の展開 / p280 (0295.jp2)
  41. 第二章、アメリカ法の現状 / p287 (0302.jp2)
  42. 第二部のまとめ / p292 (0307.jp2)
  43. 補論の小括―「アメリカ法の概観」から得られた示唆 / p293 (0308.jp2)
  44. 第四編、日本法の再構成 / p294 (0312.jp2)
  45. 「はじめに」―本編の概要の紹介 / p294 (0312.jp2)
  46. 第一部、「契約の成立」と「契約の成立形態」 / p294 (0312.jp2)
  47. 第一章、「契約の成立」に関する裁判例の紹介と検討 / p295 (0313.jp2)
  48. 第二章、「契約の成立」及び「契約の成立形態」に対する学説の態度 / p359 (0377.jp2)
  49. 第一部の小括 / p377 (0395.jp2)
  50. 第二部、「申込の撤回」に関する諸議論 / p381 (0403.jp2)
  51. 第一章、「申込の撤回」に対する日本法の態度―民法典の起草過程に則して / p381 (0403.jp2)
  52. 第二章、ドイツにおける「申込の撤回」に関する議論 / p438 (0460.jp2)
  53. 第二部の小括 / p488 (0510.jp2)
  54. 第三部、「契約交渉の破棄」とその責任―解決策と解釈試論 / p490 (0514.jp2)
  55. 第一章、「誤信惹起型」に対する解決策と解釈試論 / p490 (0514.jp2)
  56. 第二章、「信頼裏切り型」に対する解決策と解釈試論 / p499 (0523.jp2)
  57. 第三部の小括 / p517 (0541.jp2)
  58. 結び―「信頼保護のあり方」と本稿の狙い / p521 (0545.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073542
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000991799
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237856
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ