光アフィニティーラベルによるCa[2+]-チャネルの1,4-ジヒドロピリジン結合部位の研究

この論文をさがす

著者

    • 瀧, 基彦 タキ, モトヒコ

書誌事項

タイトル

光アフィニティーラベルによるCa[2+]-チャネルの1,4-ジヒドロピリジン結合部位の研究

著者名

瀧, 基彦

著者別名

タキ, モトヒコ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

薬学博士

学位授与番号

甲第2897号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 目次 / (0003.jp2)
  3. 略語表 / (0005.jp2)
  4. 総論の部 / (0007.jp2)
  5. 序論 / p1 (0008.jp2)
  6. 第1章 DA-DHPの合成と光アフィニティーラベル / p5 (0012.jp2)
  7. 1 - 1 DA-DHPおよび[³H]DA-DHPの合成 / p6 (0013.jp2)
  8. 1-2 Ca²⁺-チャネル標品の調製 / p12 (0019.jp2)
  9. 1-3 DA-DHPのCa²⁺-チャネルへの親和性 / p12 (0019.jp2)
  10. 1-4 光ラベルとラベル後の安定性 / p15 (0022.jp2)
  11. 1-5 多量のラベルCa²⁺-チャネルを得るための検討 / p17 (0024.jp2)
  12. 1-6 調製的スケールでの光ラベルとαサブユニットの精製 / p19 (0026.jp2)
  13. 1-7 第1章まとめ / p21 (0028.jp2)
  14. 第2章 酵素消化で得られるラベルペプチドの分子量 / p22 (0029.jp2)
  15. 2-1 電気泳動システムの選択 / p22 (0029.jp2)
  16. 2-2 TRおよびAPI消化により生ずるラベルペプチドの分子量 / p23 (0030.jp2)
  17. 2-3 分子量から推測されるラベルペプチドの候補 / p28 (0035.jp2)
  18. 2-4 第2章 まとめ / p30 (0037.jp2)
  19. 第3章 抗ペプチド抗体によるラベルペプチドの検索 / p31 (0038.jp2)
  20. 3-1 抗ペプチド抗体の作製 / p32 (0039.jp2)
  21. 3-2 抗ペプチド抗体を使用したラベルペプチドの検索 / p38 (0045.jp2)
  22. 3-3 第3章まとめ / p47 (0054.jp2)
  23. 第4章 逆相HPLCによるラベルペプチドの精製 / p49 (0056.jp2)
  24. 4-1 切断方法の選択 / p49 (0056.jp2)
  25. 4-2 各画分に含まれているラベルペプチドの分子量と抗ペプチド抗体の反応性 / p51 (0058.jp2)
  26. 4-3 画分IのBrCN分解 / p53 (0060.jp2)
  27. 4-4 シークエンサーでの解析 / p55 (0062.jp2)
  28. 4-5 第4章 まとめ / p57 (0064.jp2)
  29. 第5章 DHP結合部位についての考察 / p59 (0066.jp2)
  30. 結語 / p65 (0072.jp2)
  31. 実験の部 / (0074.jp2)
  32. 本研究に使用した機器 / p67 (0075.jp2)
  33. 一般方法 / p69 (0077.jp2)
  34. 第1章 / p72 (0080.jp2)
  35. 第2章 / p81 (0089.jp2)
  36. 第3章 / p83 (0091.jp2)
  37. 第4章 / p88 (0096.jp2)
  38. 参考文献 / p90 (0098.jp2)
  39. 謝辞 / p94 (0102.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073599
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073796
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237913
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ