2点法によるトンネルライニングの応力測定法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宋, 文洲 ソン, ウェンシュウ

書誌事項

タイトル

2点法によるトンネルライニングの応力測定法に関する研究

著者名

宋, 文洲

著者別名

ソン, ウェンシュウ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2902号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0002.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的と意義 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.2 既往の研究 / p3 (0010.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p9 (0016.jp2)
  6. 第2章 ライニングの力学モデルと応力解析方法 / p15 (0022.jp2)
  7. 2.1 ライニングと岩盤から成る構造物の力学的および幾何学的形状の特徴を考慮した有限要素モデル / p15 (0022.jp2)
  8. 2.2 材料の力学特性 / p18 (0025.jp2)
  9. 第3章 ライニングに生じる応力状態の特徴 / p25 (0032.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p25 (0032.jp2)
  11. 3.2 厚肉円筒形ライニングの弾性解析に基づく検討 / p26 (0033.jp2)
  12. 3.3 実際に近い形状を持つライニングの弾性解析に基づく検討-一様な地圧の作用に伴って生じる応力状態の特徴 / p28 (0035.jp2)
  13. 3.4 熱応力分布の特徴 / p31 (0038.jp2)
  14. 3.5 背面におけるライニングと岩盤の接触条件の影響 / p32 (0039.jp2)
  15. 3.6 弾性応力分布の特徴に関するまとめ / p32 (0039.jp2)
  16. 3.7 ライニングの一部が破壊するときの応力状態 / p33 (0040.jp2)
  17. 第4章 トンネルライニングに作孔したボアホール壁の応力状態-ライニング中央面における弾性解を中心として- / p50 (0057.jp2)
  18. 4.1 緒言 / p50 (0057.jp2)
  19. 4.2 ライニングの周方向(y方向)の直線的な応力変化が孔壁面の応力状態に及ぼす影響 / p51 (0058.jp2)
  20. 4.3 ライニングの厚さ方向(z方向)の直線的な応力変化が孔壁面上の応力状態に及ぼす影響 / p54 (0061.jp2)
  21. 4.4 まとめ-中央面における応力{[数式]}とその断面における孔壁上の応力([数式],[数式],[数式])との関係- / p57 (0064.jp2)
  22. 第5章 トンネルライニング内の応力測定方法-2点法 / p72 (0079.jp2)
  23. 5.1 緒言-2点法の概要 / p72 (0079.jp2)
  24. 5.2 ライニング内壁面の応力測定法 / p73 (0080.jp2)
  25. 5.3 ライニング中央面の応力測定方法 / p74 (0081.jp2)
  26. 5.4 測定技術 / p76 (0083.jp2)
  27. 第6章 2点法による応力測定法に係る技術的検討 / p86 (0093.jp2)
  28. 6.1 測定結果の信頼性に関する問題点とその解決法 / p86 (0093.jp2)
  29. 6.2 室内試験による検討 / p90 (0097.jp2)
  30. 第7章 ライニング内の応力測定と応力解析-○・トンネルの事例 / p105 (0112.jp2)
  31. 7.1 地質とトンネルの変状 / p105 (0112.jp2)
  32. 7.2 測定作業 / p106 (0113.jp2)
  33. 7.3 応力測定結果 / p107 (0114.jp2)
  34. 7.4 トンネルに作用する地圧の推定 / p110 (0117.jp2)
  35. 第8章 結論 / p122 (0129.jp2)
  36. 付録I 2次元弾塑性応力解析 / p126 (0133.jp2)
  37. I.1 弾塑性体と降伏条件 / p126 (0133.jp2)
  38. I.2 塑性状態の応力-ひずみ関係 / p128 (0135.jp2)
  39. I.3 有限要素法による弾塑性問題の解法 / p131 (0138.jp2)
  40. I.4 降伏した応力状態の決定方法 / p133 (0140.jp2)
  41. 付録II 32節点アイソパラメトリック要素を用いた3次元弾性応力解析 / p143 (0150.jp2)
  42. II.1 緒言 / p143 (0150.jp2)
  43. II.2 32節点アイソパラメトリック要素 / p144 (0151.jp2)
  44. 11.3 開発した数値応力解析コード / p145 (0152.jp2)
  45. II.4 計算精度-中空球の事例計算 / p146 (0153.jp2)
  46. 付録III 6節点アイソメトリック接合要素 / p154 (0161.jp2)
  47. III.1 緒言 / p154 (0161.jp2)
  48. III.2 6節点アイソパラメトリック接合要素 / p154 (0161.jp2)
  49. III.3 弾塑性解析 / p158 (0165.jp2)
  50. 参考文献 / p161 (0168.jp2)
  51. 謝辞 / p172 (0179.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073604
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073801
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237918
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ