固体高分解能[13]C核磁気共鳴、及びスピンプローブ法によるポリアミノ酸側鎖の構造と分子運動の研究

この論文をさがす

著者

    • 山口, 雅史 ヤマグチ, マサシ

書誌事項

タイトル

固体高分解能[13]C核磁気共鳴、及びスピンプローブ法によるポリアミノ酸側鎖の構造と分子運動の研究

著者名

山口, 雅史

著者別名

ヤマグチ, マサシ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

工学博士

学位授与番号

甲第2924号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. I 序章 / p1 (0006.jp2)
  3. I-1 α-ヘリックス構造とポリアミノ酸の物性 / p1 (0006.jp2)
  4. I-2 磁気共鳴による分子運動の研究 / p7 (0012.jp2)
  5. I-3 本論文の目的と範囲 / p10 (0015.jp2)
  6. I-4 文献 / p13 (0018.jp2)
  7. II ポリグルタメートの溶液中における核磁気緩和 / p15 (0020.jp2)
  8. II-1 緒言 / p15 (0020.jp2)
  9. II-2 実験 / p18 (0023.jp2)
  10. II-3 結果及び考察 / p21 (0026.jp2)
  11. II-4 結論 / p54 (0059.jp2)
  12. II-5 文献 / p55 (0060.jp2)
  13. III ポリグルタメートの固体NMR---PBLG及びPMLGの固体中での運動 / p58 (0063.jp2)
  14. III-1 緒言 / p58 (0063.jp2)
  15. III-2 実験 / p61 (0066.jp2)
  16. III-3 結果及び考察 / p64 (0069.jp2)
  17. III-4 結論 / p99 (0104.jp2)
  18. III-5 文献 / p100 (0105.jp2)
  19. IV ラセミ化ポリベンジルグルタメートの固体NMR---ラセミ化が側鎖運動に与える影響 / p102 (0107.jp2)
  20. IV-1 緒言 / p102 (0107.jp2)
  21. IV-2 実験 / p105 (0110.jp2)
  22. IV-3 結果及び考察 / p111 (0116.jp2)
  23. IV-4 結論 / p157 (0162.jp2)
  24. IV-5 文献 / p158 (0163.jp2)
  25. V 長鎖アルキル基を側鎖に有するポリグルタメートの磁気共鳴---長い側鎖導入が側鎖運動に与える影響 / p160 (0165.jp2)
  26. V-1 緒言 / p160 (0165.jp2)
  27. V-2 実験 / p162 (0167.jp2)
  28. V-3 結果及び考察 / p166 (0171.jp2)
  29. V-4 結論 / p203 (0208.jp2)
  30. V-5 文献 / p204 (0209.jp2)
  31. IV 総括 / p207 (0212.jp2)
  32. IIV 付録 / p211 (0216.jp2)
  33. 謝辞 / p230 (0235.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073626
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073823
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237940
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ