飼料タンパク質源によるオリゴメチオニン消化率の差異と膵外分泌応答に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 尹, 暁紅 ユン, シァオホン

書誌事項

タイトル

飼料タンパク質源によるオリゴメチオニン消化率の差異と膵外分泌応答に関する研究

著者名

尹, 暁紅

著者別名

ユン, シァオホン

学位授与大学

北海道大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

甲第2930号

学位授与年月日

1991-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 一般的実験方法 / p8 (0013.jp2)
  4. 2.1 動物の飼育方法 / p8 (0013.jp2)
  5. 2.2 オリゴメチオニンの合成法 / p9 (0014.jp2)
  6. 2.3 酵素活性測定法 / p11 (0016.jp2)
  7. 2.4 膵タンパク質定量法 / p16 (0021.jp2)
  8. 2.5 アミノ酸分析法 / p17 (0022.jp2)
  9. 第3章 飼料タンパク質の種類によるオリゴメチオニンの消化性と補足効果の相違(Experiments 1-5) / p20 (0025.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p20 (0025.jp2)
  11. 3.2 飼料タンパク質の調製 / p20 (0025.jp2)
  12. 3.3 実験方法 / p23 (0028.jp2)
  13. 3.4 結果と考察 / p26 (0031.jp2)
  14. 第4章 オリゴメチオニンの消化性と補足効果に対する大豆タンパク質の脱アミド化の影響(Experiments 6-9) / p38 (0043.jp2)
  15. 4.1 緒言 / p38 (0043.jp2)
  16. 4.2 脱アミド化大豆タンパク質の調製 / p38 (0043.jp2)
  17. 4.3 実験方法 / p41 (0046.jp2)
  18. 4.4 結果 / p43 (0048.jp2)
  19. 4.5 考察 / p49 (0054.jp2)
  20. 第5章 カゼインと大豆タンパク質と同時に摂取したオリゴメチオニンの消化吸収性の差異(Experiments 10-13) / p50 (0055.jp2)
  21. 5.1 緒言 / p50 (0055.jp2)
  22. 5.2 実験方法 / p50 (0055.jp2)
  23. 5.3 結果 / p53 (0058.jp2)
  24. 5.4 考察 / p59 (0064.jp2)
  25. 第6章 ペプシン処理による小麦グルテンの膵外分泌刺激活性の亢進(Experiments 14-16) / p62 (0067.jp2)
  26. 6.1 緒言 / p62 (0067.jp2)
  27. 6.2 実験方法 / p62 (0067.jp2)
  28. 6.3 結果 / p67 (0072.jp2)
  29. 6.4 考察 / p72 (0077.jp2)
  30. 第7章 ペプシン処理による大豆タンパク質の膵外分泌刺激能の変化(Experiments 17-21) / p76 (0081.jp2)
  31. 7.1 緒言 / p76 (0081.jp2)
  32. 7.2 大豆タンパク質のペプシン処理 / p76 (0081.jp2)
  33. 7.3 実験方法 / p78 (0083.jp2)
  34. 7.4 結果 / p83 (0088.jp2)
  35. 7.5 考察 / p92 (0097.jp2)
  36. 第8章 総括 / p97 (0102.jp2)
  37. 謝辞 / p105 (0110.jp2)
  38. 文献 / p106 (0111.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000073632
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000073829
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000237946
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ